ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)ブーンがwkwkさんになったようです  第4部

63 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:30:10
(ガチャリ)

(´・ω・`)「お~い、なんか手紙が届いたぞう」

( ^ω^)「なんですかお?」

('A`)「差し出し人は……『DIO』?」

三人は手紙を開いた

『拝啓wkwkさんならびにDORORI君。私は君達を一目見たときから気に入ってしまったよ…フフフ、そこで承太郎!きさまが何秒動けようと関係のない処刑を思いついた……おっとすまない。最近気がたっていていてね。興奮しているんだ』

『手紙の中にチケットが入っているだろう?6人分だ。スタッフの分もね。それを使ってエジプトまで来て欲しい』

『君達の工作を心より楽しみにしてる。歓迎するよ』


64 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:31:22
( ^ω^)「DIO様って誰だお?」

(;'A`)「わからん……わからんがなんだか尻の穴にツララをブチこまれたような気分だぜ……」

(´・ω・`)「吉幾三!……でもエジプトは広いからわからんぜよ」

( ^ω^)「待つお!なんか写真が入ってるお!」


65 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:33:07
    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|


66 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:39:00
(´・ω・`)「これは……」

(;^ω^)「よくわかんないがプレッシャーを感じるお」

(;'A`)「写真のクセにぃ~!ガクブルしやがるぜッ」

(´・ω・`)「まぁいいや、さぁいくぞう」


67 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:48:38
 /⌒ヽ     ∧∧ ∧∧  ∧∧< ̄ ̄/
 (ω◎ ) (A`) (ω・`)<∀´ゝ>ミД゚..彡(∀` )
  9m│´(  ゝ│ m │ │ミ   彡(   )
  (  │ /\  │ │ │ │ミ   彡 │ │
  ∪∪ /  \ ∪∪ / \ ∪∪ (_(_)

ババーン!

ポーズも決まった!


68 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:52:52
( ^ω^)「さぁケツの穴締めていくお!」

・・・

空港

(;'A`)「う~ん、落ちつかないなぁ」

(´・ω・`)「じゃあ着ぐるみきなよ」

(´・ω・)つ( 'A` )「ホラ」

(っ'A`)つ( 'A` )「どもっす」

∧_∧
( 'A` )「う~ん、落ちつくなぁ」

( ;^ω^)「ていうかそれじゃ検問が…」

∧_∧
( 'A` )「すたこらさっさだぜ」

すたこらするまでもなく、ドクオは検問を通過できた

( ;^ω^)「……絶対おかしいお」


69 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:54:19
~中略~

エジプト
もう夜だった

( ;^ω^)「時差ボケってやつかお」

<丶`∀´>「仕方ないニダ」

(´・ω・`)「まぁはよDIO様の家にいこうよ」

<丶`∀´>「でも場所がわからないニカ?」

( ´∀`)「あっ!あそこに車があるモナ。連れていってもらうモナ」

6人は車にのりこんだ

「これこれ…若いお方というものは血気盛んすぎていかんことだのう…フォフォフォ」

∧_∧
( 'A` )「うるさいはよ前座席にいって運転しろ」

ドクオがオジさんの前歯をへし折った

「ウギャアアアア!!このウィルソンフィリップス議員になにをするだー!!」

∧_∧
( 'A` )「もう一度言うぞ。運転しろ、DIOの館までな」

「ハッ、はいーーーーーッ」


70 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:57:31
ウィルソン・フィリップス議員は言われるままに館まで運転した

「着きました……」

(´・ω・`)「ごくろう」

(バタム!ブロロロッローン)

車が去っていく

「そっ、そうか!これは夢だ!ワハハハハ!!バンザイーーーーーッッ!!」

・・・

ミ,,゚Д゚彡「ここがDIOの館かぁ…」

(ギィィィ…)

( ^ω^)「あっ、扉が開いたお!」

(´・ω・`)「じゃあ入りますか」

∧_∧
( 'A` )「待て!俺に考えがあるっ!」

了 ▼∀▼)β「DORORI君!君の意見を聞くモナ!」


71 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 22:58:59
∧_∧
( 'A` )「俺達は正面から入る……そしてやっぱり俺達も正面から入る」

∧_∧
( 'A` )「つまり普通に入るってことだな」

ミ,,゚Д゚彡「……」

( ^ω^)「じゃあいくお!」

6人はジョジョ立ちしながら恐ろしく気持ち悪い歩き方
(そう、まるでデュークとうご……更家のような)をしながらDIOの館へ入った

ヌケサク「ようこそいらっしゃいましたぁ」(ペコリ)

(´・ω・`)「おいヌケサク。さっさと案内しろ」

ヌケサク「なんで俺の名前がヌケサクってわかったんだぁ!!!???」

(´・ω・`)「うっせぇそんな顔してるからだビチグソ」

ヌケサク「すっ、すいませんでしたぁ……」

ヌケサクがDIOの住む塔まで案内してくれた

ヌケサク「こっ、ここですぅ」

(´・ω・`)「よくやった。ごくろうだったな」

( ^ω^)「目の前に棺かお」


72 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:00:37
<丶`∀´>「まるで時間でも止めそうニダ」

ミ,,゚Д゚彡「それも5秒くらいな」

(´・ω・`)「さあDIO様、出てきておくれ!」

∧_∧
( 'A` )「ギャルのパンティおくれ~!」

( ;^ω^)「それウーロンだお」

DIO「よく来たね」

∧_∧
( 'A` );^ω^);´∀`);゚Д゚彡;´・ω・);丶`∀´>「「「「「「!!!!!!」」」」」」

DIO様はいつの間にかみんなの背後にいた


73 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:04:43
DIO「そこの机を使いたまえ。早速工作を見せてくれないか?」

(;^ω^)「い……今からですかお……?」

DIO「ああ。イヤなのかい?」

DIO様の目が冷たく睨みつける

(;^ω^)「いっ!イエッ!やらせてもらいますお!」

DIO「それでいいんだ」


74 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:11:50
そそくさと着替えを済ませ、工作にとりかかる二人

工作に使う道具はDIO様が用意してくれていた

(;◎ω◎)「さっ、さあ!wkwkさんの時間だお~!」

∧_∧
( 'A` )「イエ~!」

DIO「ハハハ……始まり始まりだな……」

DIO様の拍手が響く

どーすんのよ!?wkwkさん!

どーすんのよ!?DORORI君!!


75 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:17:25
(;◎ω◎)「今日はははははははわわわ!ロードローラーを作るお!」

∧_∧
( 'A` )「流石だぜ!」

DIO「ほう?」

DIO様が興味をお持ちになられたようです

(;◎ω◎)「今回は大仕事なんで、DORORI君にも手伝ってもらうお!」

∧_∧
( 'A` )「オーイエ!わかったぜwkwkさん!」

初の共同作業!


76 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:21:02
コンコンスコンスコン

鉄を叩く音や溶接の音が響いてくる

(;◎ω◎)「ここを……こうして……」

∧_∧
( 'A` )「なるほど……」

ジジジジジジ……

こうして数時間がたった


77 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:30:38
(;◎ω◎)「つっ、ついにできた……」

                        ○ ∧_∧ ウリィィ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      []                /⌒ ( 'A` )  < ロードローラーだッ!!
      ||__________ (_)∪ ∪     \_________
    / ̄:l:  .―:l:――――:l:/___ヽ,―、_(_)
    |  :|:./ E:|: EEEEl  :|:|:   :  ̄ ̄||`l
   / ̄ ̄ヽ ̄ヽ EEEEl  :|:|:__:___||._|
  /  ,●、  |  |777777|:|   l, ―┴、┴――、   ドグオォォォン!!
  | ●|  |.● |  |/////// .:|:| /     ヽ    ヽ
  ヽ  `●'  .|  |====:|:| |==㊥==l===||/⌒ヽ
   ヽ    / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'ヽ     /    /(;◎ω◎) うぐぅっ

(;◎ω◎)「ギギギ」

DIO「おお……これは……」

DIO様はお喜びの模様です


78 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:37:33

                          イ
                    //,ィ ィ / |イ
                  i、ノ |/ ∨レ' | |ヽ_r-v、_
               ,、___|  /  //  / | //,.-、ヽ 素晴らしいデキだぞォォォ!wkwkさん!
               | /ヽ、-/  / ∧/ ノ / /ゝ、`' こんなに驚いたのは久しぶりだァァアハハハハ
                /  /  / / ∨ ノ  /  |  5秒!6秒!まだ驚いていられる!
.               /  i   / /  ノ / / /|_ノヽ 最ッ高に「ハイ!」ってやつだァァァァッッ!
     _        r'   ヽ  / |  /  _,.-ヘ i /,.‐、(
    /  `/`ヽ、__   \  ヽ ` `_,.-''´  ,ヘ  | r、| |
    (= r'__ /  \__,,,,━┓‐''´       /ハヽ_!|)| !ヽ
  _,ハ、__| ~~ | ヽ r'´'´  ヽ  _,┃|     _ノ_,ィ   ノr|、`'ー
‐i´:!    _`ニヽ、ノ r'ヽ、‐'''´┃ヾ、_( ((_,.-r‐(;;)'    ト-ヘ ̄
:::l:::ヾ-、_r'   `'''i‐ヘ ヾ.ヽ・.┃:ゞで>,ゞ  ̄     |: ,.::ヘ
ヾヾ::\ ヽ    !  \,ノ:.┃・ヽ┃:l |   /  ヘ   レ::;-'´
:::\`'-、;>-、   _,.-'"´         ヽ ヽ! レ  ,.イ   /:/
:''-、,,ノ´     ̄            ヽ こ-‐彡ノ  /:_;:!-‐'´
''フ´                    ヾー'T"´ //
'´                      ヽ、_ノ/


79 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:41:48
(;◎ω◎)「おっ!お褒めのお言葉!マコトにありがたき幸せ!」

DIO「フフフ……これで承太郎も……」

DIO様は呟かれている

DIO「本当にありがとう……wkwkさん!今日はゆっくり泊まって、明日以降は観光を
   するといい」

( ◎ω◎)「ハハッ!」

wkwkさん達はペコリと頭を下げ、寝る事にした

・・・
・・



80 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:47:42
朝がきた

ブーン一行は今日は一日観光旅行

あきれるほど暑かったけども、それなりにブーン達は楽しんだ

そして最終日

―夜・空港―

DIO「wkwkさん……」

( ◎ω◎)「DIO様……」

いつしか、DIO様とwkwkさん達の間には友情が芽生えていた

∧_∧
( 'A` )「DIOさん……」

ガシィ!


81 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/30(土) 23:57:47
    /i/i
   イノ/ノノヘノ丁フ
  火,';; i  =-二- 「涙は見せん……」
  〈_l;;;;;; う√二=-
   ヽィ`__/`ヾ-''''
  r ー`xァ   `ヽ
  〈 ̄  、  i  i〉
   ヽ  iノ  イ /

そう言っているDIO様の頬からはキラキラとしたものが流れていた

( ;ω;)「DIO様……・」

∧_∧
( 'A` )「また、な」

DIO「お前達が健在だったらな!また会おう糞ガキども!」

( ;ω;)「わかったお!」

∧_∧
( 'A` )「じゃあな!」

6人はゲートくぐって飛行機に乗りこむ

DIO「……さらばだ、友よ」

・・・


82 名前: ◆j8GX.Z.quM 投稿日: 2006/12/31(日) 00:10:31
( ^ω^)「DIO様いい人だったお」

('A`)「……ああ」

(´・ω・`)「さあ、もう寝よう」

( ^ω^)「お。わかったお」

ブーン達は飛行機の中で、眠りについた……

第4部 完


[ 2000/03/21 19:24 ] 中篇まとめ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boonroop.blog5.fc2.com/tb.php/56-57c511d7








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。