ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)の乳首が取れてしまったようです 第一話

3 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:11:09.16 ID:2+WlhI4N0
第1話:「桃色の片乳首」



人間にとって、一番大事なものって、なんだかわかるかい?

恋人? 違うね。
親友? 違うね。
家族? 違うね。
性欲? 惜しいね。

正解は、「好奇心」さ。



5 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:12:42.94 ID:2+WlhI4N0
僕たち人間は、その有り余る好奇心により大いに発展してきた。


それは火起こしに始まり、狩り、稲作、オナニー、
少し時代を飛ばして機械の発明、宇宙への旅、そしてIT技術・・・。


こんな具合に、好奇心は、人類を発達・進化させてきた。


そして、今日もこの地球上では、好奇心旺盛な一人の若者により
新たな発見がなされていた。



これは、そんな若者の、好奇心のお話。(嘘)



6 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:13:16.29 ID:2+WlhI4N0
身を裂くような凍てついた風が吹く、師走の深夜。

ブーンの部屋には、まだ明かりがともっていた。
その部屋の中は、外の寒さとは関係なく、暖房であたたかい。

そんな人工的な暖かさの中で、彼は、新たな行為に没頭していた。


7 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:13:53.65 ID:2+WlhI4N0
( ^ω^)「はぁぁぁんwwwwwwらめぇwwwwwwwwww」


ブーンは、すっぽんぽんで乳首をいじっていた。


( ^ω^)「乳首ぃwwwwwwwいいのぉwwwwwww」


ブーンは、右手の人差し指で右乳首を、光速でいじっている。

光速に達するなんて不可能だといった物理学者がいたけれど、
そんなのうそだ。

だって、ブーンの右手人差し指の動きは、今、光速を越えているもの。

ブーンの全身が汗まみれなのは、きっと暖房のせいだけではない。


9 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:14:26.51 ID:2+WlhI4N0
( ^ω^)「気持ちEEEEEEEwwwwwww
     乳首でオナニー、略してオナビーは最高だお!」


そうである。


ブーンこと内藤ホライズンは、その有り余る好奇心と性欲から
乳首だけをいじり続けるというオナニーの方法
「オナビー」を発見したのだ!


10 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:15:05.56 ID:2+WlhI4N0
( ^ω^)「もう・・・・・・・らめぇ・・・・・・・・。」


右乳首がジンジンしてきた。


やがて、全身の感覚がなくなったかと思うと、
右乳首を中心に、快楽の波が押し寄せてくる。


( ^ω^)「ひゃうううううううん!!!!!」



こうして、ブーンはオーガズムに達した。


12 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:15:42.55 ID:2+WlhI4N0
( ^ω^)「おっおっお!
    まだだお、まだ終わらんお!」


彼の研究の結果、オーガズムの後、更に乳首をいじり続けると、
オーガズムの境地である
「エークスタスィー(梵語で『解脱』を意味するかもしれない)」に達するはずであった。


ブーンは、オーガズムにより失神寸前だった。

しかし、それでも彼は乳首をいじり続けた。
いじって、いじって、いじり続けた。


そのときだった。


ブーンの右手人差し指に、抵抗がなくなった。


13 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:16:23.96 ID:2+WlhI4N0
(;^ω^)「お?」


ブーンは、恐る恐る乳首を見た。


( ゚ω゚)「なんじゃこりゃあああああああああああああああ!!1」


なんということでしょう。


本来そこにあるはずの右乳首が、すっぽりと抜け落ちているではありませんか。



14 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:17:00.08 ID:2+WlhI4N0
ブーンの乳首のあった場所は、今は丸い空洞になっている。
その空洞は、ずべてを飲み込んでしまうかのように、深く、そして暗い。


そんな深淵を見つめながら、
ブーンは、床に転がった自分の右乳首を拾い上げた。


16 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:17:57.17 ID:2+WlhI4N0
(^ω^)「ヘイ、親父! つまみ1つ!」

( ^ω^)「はいよ! お待ち!」

(^ω^)「わー、おいしそうですね。
    これは何ですか?」

( ^ω^)「乳首です。」

(^ω^)「うめぇwww」



( ゚ω゚)「って、人のネタ、パクっている場合じゃないお!」


ブーンは、口に含んだ乳首を吐き出して、
両膝と手のひらを地面に付けて、うなだれた。


いま、彼は絶望の淵に立たされているのだ!


19 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:18:46.57 ID:2+WlhI4N0
( ;ω;)「どうするお?
     このままじゃ、僕には『片乳首のブーン』なんていう通り名がついてしまうお。」


( ^ω^)「あ、それもカッコいいお!
    とりあえず、左の乳首でオナビーしてから考えるお!」


こうして、絶望の深淵からあっさり立ち直ったブーンは
再びのオナビーを開始した。





( ゚ω゚)「なんじゃこりゃあああああああああああああああ!!1」


そして、やっぱり左乳首も取れてしまった。


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/19(土) 20:19:05.61 ID:1F1x7Vb70
絶望とかそれ以前に痛くないのかよwwww

22 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:20:26.49 ID:2+WlhI4N0
( ;ω;)「どうするお?
     
    このまま、両方の乳首が無いままだと、
    社会人になったとき、年上のドSな女上司に

    『この書類の漢字、また間違っているわよ!
    今日はホテルで特別残業よ!!』

    なんて言われて、

    ホテルで、女上司から
    
    『うふふ。内藤君ったら、こんなに乳首硬くしちゃて!
    こんな悪い乳首は、ぺろぺろしちゃうわよw』

    されちゃうなんていう、すばらしき世界を体験できないお!」


23 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:21:01.77 ID:2+WlhI4N0
( ^ω^)「でもまあ、アロンアルファでくっつければいいお!」


ブーンは、両乳首を机の上に置くと
二階の自分の部屋から、一階へとアロンアルファを取りに行った。


そんな主のいなくなった部屋を、1つの影がのぞいていた。


|゚)「・・・・・・・・・。」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/19(土) 20:21:55.12 ID:1F1x7Vb70
なにを妄想してるんだこいつはwwwwww

25 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:22:00.07 ID:2+WlhI4N0
( ^ω^)「も~もい~ろの片ちく~び、と~れちゃっ~た♪
    ま~じまじ~と、み~つめて~る♪」


( ^ω^)「あ、僕は、両乳首がないんだお!
     う~ん、まいっちんぐ♪」


ブーンは、「桃色の片思い」を歌いながら部屋に戻ってきた。


( ^ω^)「おとなしく待っていたかお? 僕の乳首ちゃんたち?」







( ゚ω゚)「ぬおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」







机の上に、ブーンの乳首ちゃんたちはいなかった。


27 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:23:57.05 ID:2+WlhI4N0
(;゚ω゚)「これはミステリーだお!
    僕の頭の中にいる『あの人』を呼ばなければいけないお!」

江戸川「よう、ゲン太! 呼んだか?」

( ^ω^)「アガサ博士! 僕の乳首がなくなっちゃったんだお!」

江戸川「バーローwwwww
   俺はアガサ博士じゃねぇ!
   
   真実は、いつも1つ!」

( ^ω^)「でも、乳首はふたつだお?」

江戸川「あちゃー。」

( ^ω^)「あちゃー、じゃないおwwwwww
     どうにかしてくれお!」

江戸川「乳首は、いつもふたつ!」

( ^ω^)「でも、今の僕の乳首はゼロだお?」

江戸川「う~ん、まいっちんぐ♪」

(;^ω^)「ちょwwwww人のネタパクるなおwwwwww」


そんなこんなで、ブーンの脳内会議は朝まで続いた。


29 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:24:41.26 ID:2+WlhI4N0
(;^ω^)「お、いつの間にか寝ていたお。」


そう言いつつ、ブーンは恐る恐る自分の乳を見た。


( ;ω;)「やっぱり無いお・・・・。」



昨日の出来事は、やはり夢ではなかったのだ。

        「夢であったなら・・・」

そんて、ありふれた歌の歌詞みたいな淡い期待ははずれ、
ブーンはしばし、うなだれた。


31 :78 ◆pP.8LqKfPo :2006/08/19(土) 20:25:15.66 ID:2+WlhI4N0
そんな中、ふと時計を見ると、学校に行く時間を10分過ぎていた。


( ゚ω゚)「うおおおおおおおおおおおおお!!!!」


急いで学生服を着ると、ブーンは食パンを咥えて家を飛び出した。



師走の外の風は、身を裂くように、冷たかった。



第1話 完



第2話へ
[ 2009/06/11 19:22 ] 短編まとめ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。