ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)を愛した川 ゚ -゚)のようです まとめ読み

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:12:31.13 ID:eqrqvEEY0

私は、ロボット。

感情があるロボット。

ご主人様を支えるロボット。

それが、ワタシ。

ご主人様を、愛したロボット。

壊れた、ロボット。

ソレガ、ワタシ。


( ^ω^)を愛した川 ゚ -゚)のようです 前編


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:13:16.24 ID:eqrqvEEY0

『クー!どこにいるんだお?クー!』


朝はいつも庭のお掃除から始まる。
今日はご主人様が朝から起きているようで、ワタシを呼ぶ声が聞こえた。


川 ゚ -゚)「はい。ここにいます」
( ^ω^)「あっ、こんなところにいたのかお!」


ご主人様は、お父上とお母上を亡くされて、一人ぼっち。
そんなご主人様を支えるように、私は作られた。


川 ゚ -゚)「朝ごはん、すぐにお作りします」
( ^ω^)「お、ありがとうだお。それよりクー。今日はメンテナンスの日だお。お昼頃になったら博士の所へいくお!」


川 ゚ -゚)「はい。いつもありがとうございます」
( ^ω^)「それはこっちの台詞だお」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:14:24.80 ID:eqrqvEEY0

ご主人様は、優しい。
こんなワタシの事を、大切にしてくれている。
感謝をこめて、いつも美味しい料理を作る、そうすれば、ご主人様は喜んでくれる。

川 ゚ -゚)「お持ちしました」
( ^ω^)「ありがとうだお!いただきますお!」

笑顔で食べてくれるご主人様を見ると、どこかが、満たされる。
燃料が入っているタンクでは無くて、どこか、深い深い場所。

……おかしい。


川 ゚ -゚)「では、お庭のお手入れへ戻ります。何か御座いましたらすぐおよび下さい、ご主人様」

広いお屋敷には、ご主人様しかいない。
一人っ子、それに、外へはほとんど出たことが無い。
ご主人様は、外に出るのを嫌がっている、でも、私の体を気遣ってくれて、いつも無理して連れ出してくれる。

川 ゚ -゚)「……」

庭の手入れを終わらせると、ご主人様の呼ぶ声が聞こえた。
時間を確認すると、もう13時。
博士の所へと連れて行ってくださるようだ。

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:15:18.80 ID:eqrqvEEY0

( ^ω^)「さあ。行くお」
川 ゚ -゚)「……はい」

いつも、出かけるときは手を繋いでくれる。
繋いでくれるようになったのは、少し前の事。

『み、道に迷うと危ないお!だから手を繋ぐお!』

そう言って、私の手を握ってくれた。
その帰り道には、

『本当は、ブーンが迷うから、繋いでてくれって言いたかったんだお。でも、恥かしかったんだお。ごめんお、クー』


嬉しかった。
理由なんて関係無い。

ただ、ご主人様と手を繋げて、嬉しかった。
その日の事は、今も私の記憶ディスクの中に、鮮明に刻み込んである。

夕焼けに照らされた、私の手は、自分の物とは思えないほど綺麗で――。


『……ー?』
『クー?どうかしたのかお?』

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:16:27.45 ID:eqrqvEEY0

川 ゚ -゚)「……!い、いえ。何も御座いません」
( ^ω^)「最近、無理してないかお?ロボットにも疲労はあるから、疲れたら言ってくれお?」

川 ゚ -゚)「ありがとうございます。大丈夫ですよ」
( ^ω^)「そうかお!ならいつもみたいに博士の所へいくお、クー!」


私の手を強引に掴むと、ご主人様は腕を振りながら歩いていく。

私も、楽しい。
ご主人様と一緒にいる時間が、ずっと続けばいいのに。

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:17:14.07 ID:eqrqvEEY0





( ´∀`)「……そう、思ったんだモナ?」

川 ゚ -゚)「……」

ロボットに於ける、完全なる欠陥。
それは、予期せぬ出来事による、持ち主への感情の付与。

( ´∀`)「異種間特別交友。これは法律で禁じられているモナ」

機械と人間の間に、特別な感情は生まれてはいけない。
特別な感情は、ロボットを朽ち果てさせ、願わない想いは、暴走の元へとなるからだ。

川 ゚ -゚)「……感情」
( ´∀`)「感情、モナ。ブーン君は聞いてないから安心して欲しい。
このままでは君は壊れてしまう。ブーン君を愛して、君が壊れるか、ブーン君と一生一緒にいるために、その感情を消すか、どっちかだモナ」


川 ゚ -゚)「……わかりました」
( ´∀`)「……君の体は、僕が責任を持ってメンテナンスするモナ」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:18:18.27 ID:eqrqvEEY0

そうなんだ。
私は、ご主人様を愛している。
今、博士から聞いて確信してしまった。


機械なのに……。
ロボットなのに……。


私の深い深い場所にあるものは、この事だったのだろうか。
――苦しい。


幸せなのに、なぜここまで苦しいんだろう。
このナニカが私を苦しめる。


川 ゚ -゚)「ご主人様」
( ^ω^)「お?なんだお?」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:19:14.38 ID:eqrqvEEY0


川 ゚ -゚)「私を、どう思ってらっしゃいますか?」

――駄目だ。
ナニカに気づいた途端、制御が聞かない。


( ^ω^)「クーをかお?」
川 ゚ -゚)「はい」


押さえ、切れない。


( ^ω^)「大好きだお?ずーっとそばにいて欲しい、そう思ってるお!」
川 ゚ -゚)「……ありがとうございます」


ロボットなのに。
確かな、何かを欲しがってる……。


川 ゚ -゚)「帰ったら、すぐに晩御飯の仕度をします」
( ^ω^)「お。お願いだお」


が、マンしなきゃ……。
ご主人様を、こまらセてはいけない。

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:20:12.87 ID:eqrqvEEY0

私という固体を捨てるか、私を捨てて固体を維持するか。
もう、答えなんて、出ない。

あ、あいシてなんかナイ。
アイしてナなんかナイ。

アイ……。

愛、藍、相。

川 -) 「あイ……」

(;^ω^)「クー!!!」

ご主人様の声が、遠く、遠くなる。
そんな顔しないで……。

ずっとそばに、いてあげますから……。

川 -)「……」
(;^ω^)「……クー」



ずっと、そばにいてあげますから……。


( ^ω^)を愛した川 ゚ -゚)のようです 前編 完


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:22:22.66 ID:eqrqvEEY0

いつも、いつも助けられてたんだお。

いつも、いつも見ていたんだお。

いつも、いつも愛していたんだお。


離れたくなんか、無かったんだお。



( ^ω^)を愛した川 ゚ -゚)のようです 後編

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:23:18.21 ID:eqrqvEEY0

その日から、クーは少しずつ、少しずつだけど、おかしくなっていった。

今までしてくれていた家事、話し相手。
僕は、全てクーに頼りきっていた。甘えていた。


( ^ω^)「クー。ゆっくり休んでくれお。クーがいなくなると、ブーンはひとりじゃ何もできないんだお」
川 ゚ -゚)「ご主人様。今日は、天気がいいですね」


( ^ω^)「クー。今日は雨だお。でも、クーが言うなら、晴れだお」
川 ゚ -゚)「では、お掃除の時間なので、お掃除をしてきます」


こんなクーでも、僕は愛している。
故障していても、まともに話せなくなっても、クーを愛している。
無理をして、クーが壊れて僕の前からいなくなるなんて、耐えられない。


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:24:44.25 ID:eqrqvEEY0

( ^ω^)「掃除はもう僕がやっちゃったお!クーは休んでるといいお!」

川 ゚ -゚)「そんな……。ご主人様がすることではありません。次は私にお任せください」
( ^ω^)「わかったお。次は、クーがやってくれお。それより、もっとブーンと話すお」


もう、そんなことが続いて1ヶ月。
博士からの電話にも出ずに、僕はクーのそばにい続けた。

どこかの歌詞にあった、大切なものは失ってから気づく、その通りだと思った。

チャイムが鳴った。
誰だろう……、今はクーと話していて、忙しいのに……。


(;´∀`)「……ブーン君!!どうして電話に出ないモナ!!」

( ´ω`)「……博士かお」
(;´∀`)「博士かお、じゃないモナ!!あまりにも連絡が無いから心配になってきたモナ!!」


電話になんて、出る暇も無かった。
いつ、クーが動かなくなるかわからなかったから。

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:26:03.30 ID:eqrqvEEY0

( ´∀`)「……クーは、どうしたモナ?」
(;´ω`)「げ……元気だお」

バレたら、修理に持って行かれる……。
クーが、目の前から消えるのは、嫌だ。

( ´∀`)「でも、メンテもしていないから心配だモナ。呼んでくれるモナ?」
(;´ω`)「い、今は買い物に行ってて……」

( ´∀`)「そうモナか。じゃあまた明日明後日にでも来て欲しいモナ」
( ´ω`)「わかりましたお」

すると、廊下の奥のドアが開き、クーが現れた。

川 ゚ -゚)「ごしゅじんさま。ばんごはんはなにがよろしいですか?」

言葉も、ちゃんと話せないような状況。
時間は、容赦なくクーを壊しにかかっていた。

(;^ω^)「く……クー!!出てきちゃ駄目って言ったお!!」
(;´∀`)「……ブーン君。少し、話を聞かせて欲しいモナ」


言いたくなかった。
聞きたくなかった。

その後、崩れるようにして倒れた、クーに迫る危機。
そして、その理由。


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:26:46.80 ID:eqrqvEEY0

( ´∀`)「クーは、主人である君を愛していたモナ」

僕も、愛していた。
クーを、ロボットでもいい、そう思って愛していた。
でも、それがクーの首を締め付けていたなんて、そんなこと思いもしなかった。


両親が死んで、大きな屋敷しか残っていない僕の、最後の家族、クー。
親族から蔑まれ、財産を狙われていた僕に、唯一笑顔で接してくれた、クー。
死ぬまで、ずっと一緒にいれれば、それでよかったのに……。


( ´∀`)「どちらかに、その特別な感情があれば、ロボットは、長く動いていられないモナ。そう、ロボットにはインプットされてるモナ」

( ^ω^)「何でそんな事を……」
( ´∀`)「ブーン君のような”不幸な”人を減らすためだモナ」


不幸。
そういわれて、僕は苛立ちを覚えた。
今までの暮らしに、何一つ不自由は無かったのだから。


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:27:48.34 ID:eqrqvEEY0

(#^ω^)「……不幸?ブーンは、幸せなんだお」
( ´∀`)「……それは、違うモナ。ロボットは、人間の心を”仮縫い”することしかできないモナ」

(#^ω^)「……それでもよかったんだお!!!クーといれるあの時間、空間が幸せだったんだお!!」
(#´∀`)「少し落ち着くモナ!!」


(#´∀`)「このままにしておくと、クーが壊れてしまうモナ!!今もこんなに苦しそうにしているのに……それでいいモナか!?」
(; ω )「……」


(;´∀`)「ブーン君には、少し厳しい選択かもしれない……」
(; ω )「なん……ですかお」


(;´∀`)「君には、二つの選択があるモナ」
(  ω )「ふた……つ……?」




(;´∀`)「クーの持ち主である権利を破棄すること。クーへの特別な感情を抱くのを止める事。この二つのうちの一つだモナ……」


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:29:03.54 ID:eqrqvEEY0

(  ω )「……」



目の前が真っ暗になる。
まさにその通りだった。


クーの事が好きで、愛していて……。


でも、その感情は、クーを殺してしまう。
一緒にいたい僕の行動は、全てクーを苦しめてしまう結果になっていた。

そして、クーもまた、僕を愛してくれていた。
その事を、もう少し早く知っていれば、気づいていれば……。




そして、僕は決断する。

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:29:57.06 ID:eqrqvEEY0

(  ω )「クーが……。クーが元気になるなら、僕はクーを手放しますお。
感情は、抑えられないものですお。だから、だからブーンは、クーと離れ離れになりますお」

( ´∀`)「……わかったモナ。また、新しいロボットが欲しいなら……」


(  ω )「いえ、いりませんお。ブーンには、クーだけですお」

( ´∀`)「……すまなかったモナ」


家に帰ると、冷たい空気が漂っていた。
二人でも大きい家だったのに、一人だとどうすればいいんだろう……。



悲しいよ、クー。



( ;ω;)「……っ」


そう。
僕は、クーとの離別を選んだ。
モナー博士には、クーの僕に関する記憶の消去、初期化を頼んだんだ。
そうすれば、僕が我慢すればそれで済むこと。
クーに会えないのは悲しいけど、クーが壊れてしまうのはもっと悲しい。


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:30:43.52 ID:eqrqvEEY0

普段行かない屋敷の部屋を覗くと、クーのいた痕跡が所々にあった。
いつもいつも、丁寧に家事をしていてくれたクー。

庭の植物も、君がいないと誰が手入れをすればいいんだろう。
クーの作った庭が、時間が経つにつれて姿を消していく。




そして、クーを失ってから、2年経った。
愛する”人”を失った悲しみを乗り越えつつあった僕は、依然と同じように暮らしていた。

あれからクーがどうなったのかは知らない。
いや、考えないようにしていた。

( ^ω^)「今日も、庭のお手入れをするお」

2年経っても、僕は一人お屋敷に住んでいた。
一生独り身でもいい。
無尽蔵に溢れる財産を残したまま、というのも勿体無いが、それほど欲しい物もないし、お金を使う趣味も無かった。

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:31:25.89 ID:eqrqvEEY0

いつものように、僕しかいない屋敷に、珍しく電話が鳴り響いた。

( ^ω^)「……もしもしですお?」

最初は、変なセールスかと思っていた。
文句を言って切ってやろう、そう思ってたんだ。

( ´∀`)「……もしもし、ブーン君モナ?」


声の主は、久しく聞く声、モナー博士からであった。


( ^ω^)「……モナー博士かお?」
( ´∀`)「久しぶりだモナ。突然だけどブーン君」



この時点で、電話を切りたかった。






(;´∀`)「クーが、もう動かなくなるモナ」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:32:12.91 ID:eqrqvEEY0

忘れようとしてたのに。
すぐに、想いが胸に立ち上る。

( ^ω^)「……クー」
(;´∀`)「……もう、時間がないモナ。
最後に、君に会わせてやりたいんだモナ……。勝手なことを言っているのは承知だモナ」


頭には、2年前まで、屋敷にいた”家族”。
クーの事が走馬灯のように蘇ってきていた。



……会いたい。


(;^ω^)「……すぐ行きますお!!!!」
(;´∀`)「……待ってるモナ!急いでくれモナ!!!」


電話を切ると、僕はすぐに走り出した。
早く、早く会いたい。


クー!!!

ロボットでも、何でもいい。
僕が愛したのは、僕を愛してくれたのは……クーなんだ。

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:33:07.20 ID:eqrqvEEY0

息が切れる。
そりゃそうだ。もう走るなんて久しくしていない。

(;^ω^)「クー!!!!」

研究所に急いで入った僕に飛び込んできた景色は、透明なカプセルに入れられ、
コードにたくさん繋がれており、苦しそうにしているクーだった。

(;´∀`)「ブーン君!!!」
(;^ω^)「クー!!!」


どうして、こんな事に。
クーは二年前と変わらない姿のまま。


だけど、僕にはわかったんだ。
クーの辛さ、悲しみが。

(;´∀`)「少し待つモナ!今カプセルを開けるモナ」
(;^ω^)「……クー」


簡素な布を纏ったクーを、僕はすぐに抱きしめた。

クーに力は篭っていない。
それでも、僕はクーを抱きしめ続けた。

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:34:29.23 ID:eqrqvEEY0

( ;ω;)「クー!!」
川 - )「……」

(;´∀`)「クーは、初期化しても、深刻なエラーから抜け出せなかったんだモナ。いや、抜け出そうとしなかったんだモナ」


言いたいことはわかった。
クーは、僕をずっと愛してくれていたんだ。
それなのに、僕はクーの記憶を消すように、初期化するようにといっていた。


『クーが、ブーン君に関する記憶の消去を拒んだ。』

そう、モナー先生は言った。


( ´∀`)「僕は、外にいるモナ」

( ;ω;)「ごめんお……。ごめんおクー……」


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:35:47.79 ID:eqrqvEEY0

川 - )「……s」

川 - )「ご主…様」
( ;ω;)「クー!!!!」


カタカタ震える手で、クーは僕の頬を撫でてくれる。
優しく、懐かしいその手つきは、僕をさらに悲しくさせた。

( ;ω;)「ゴメンだお!!ゴメンだお!!クー!!愛しているお!!忘れられないんだお!!!」
川 - )「……わtしもですよ、ご主じんさま」

もう、クーが”ダメ”になるのは目に見えていた。
迫りつつある、終わりを待っているクーを、見て入られなかった。


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:36:59.34 ID:eqrqvEEY0

( ;ω;)「クーを想っているんだお……。もう、自分には嘘はつかないお……」


川 - )「sいごに、てを、つないで、くれま、せんか」


川 - )「あ、のときのよ、うに」
( ;ω;)「いくらでも握ってるお!!だから、だから最後なんて言うなお……」


握った手は、前と変わらない。
いつも、僕の右を歩いていたクーの手だ。
夕焼けに照らされていた、あの時の二人の手。






そして、それを最後に、クーに光が点ることは無かった。


僕は、泣いた。

もう会えないというのがわかっていて、抑えていた二年分の感情が、僕を狂ったように悲しませた。


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:38:39.77 ID:eqrqvEEY0

( ´∀`)「……。君に、手紙があるモナ」

少し時が経って、博士から渡された手紙。
それは、クーが倒れたあの時。

僕が、クーとの離別を決めた、二年前の手紙。


『永遠に、愛しています。』


ただ、一文が書かれていた、クーらしい手紙。
そして、僕も心の中で、返事を書く。

『僕も、愛してるお』

そうだ。
屋敷の庭を、君のしてくれたように、もっと綺麗にしよう。
もちろん、君よりうまくなんてできっこない。


君が作ったその空間を、思い出したい僕の無駄なあがきだよ。
いつか、君の作った、あの常緑に輝く庭を、作れたらいいな。


( ^ω^)を愛した川 ゚ -゚)のようです 後編

川 ゚ -゚)を愛した( ^ω^)のようです  完


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 12:39:52.26 ID:eqrqvEEY0
以上で、( ^ω^)を愛した川 ゚ -゚)のようです を短いながら終了させていただきます。
皆さん、支援等、いろいろありがとうございました!


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 13:00:59.77 ID:sHa1wcFCO
ブーンのその後の話とか無いの?


72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/07/01(日) 13:05:39.38 ID:eqrqvEEY0
>>69
特にその後は何も無いですね。

クーを無くしてから、ブーンは、クーの手入れしていた庭を、クー自身と投影してずっと手入れを続けます。
簡単に言えば、庭の手入れが生きがいになってしまうようなものですね。

モナーに薦められた別のロボットも、断ってますし、孤独な後生を暮らすと思います。
[ 2009/03/12 21:44 ] 短編まとめ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。