ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

兄者プロポーズ 2日目

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:43:56.56 ID:Gm2OSm6/0

1分で分かる昨日のおさらい

・弟者シスコン発動
・母者と妹者で親子丼(notエロ)
・ハインと仲良くなったぞ!


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:44:46.66 ID:Gm2OSm6/0
登場女AA紹介

川 ゚ -゚)
素直クール

二年C組
素直姉妹の長女でありヒートの双子の姉。
常に冷静で言いたい事をハッキリ言う姉御肌。容姿端麗、才色兼備。文句なしの美人。
時期生徒会長候補。ちなみに胸は微乳。


-------

ノパ⊿゚)
素直ヒート

二年B組
素直姉妹の次女であり素直クールの双子の妹。
熱血で常に大きな声を出している明るく元気な子。
空手部に所属しており、男女問わずみんなと仲が良い。
ちなみに胸は普通。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:45:38.99 ID:Gm2OSm6/0

ξ゚⊿゚)ξ
ツンデレ

二年A組
通称ツン。男勝りで言動が少しキツい。
しかし同性や弱い立場の人間には優しい一面も見せる。
幼馴染みのブーンとはとても仲が良く、お互いの家を行き来する程。
ちなみに胸は貧乳。


-------

从 ゚∀从
ハインリッヒ高岡

二年C組
通称ハイン。下品な行動が目立つ不良。
気に入らない奴は殴り、自由奔放に生きる野性児。よく一人でうろついている。
留年をしており、本来ならば一つ上の学年である。
ちなみに胸は普通。


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:46:27.00 ID:Gm2OSm6/0

(゚、゚トソン
都村トソン

二年C組
大人しく、真面目。
特定の友人はいないのか一人でいる事が多い。
読書家で放課後はよく図書館で本を読んでいる。
ちなみに胸は普通。

-------

从'ー'从
渡辺アヤカ

二年C組
通称渡辺さん。
天然でよく転ぶ。トロいのでよくからかわれたりしている。
とても優しく、誰にでも平等に接している。
ちなみに胸は巨乳。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:47:12.56 ID:Gm2OSm6/0

('、`*川
ペニサス伊藤

二年C組
特に特徴がなく普通。いつもぼーっとしていて何を考えているのかわからない。
男子にあまり興味がないのか、自分から話し掛ける事が全くない。
ちなみに胸は巨乳気味。

-------

lw´‐ _‐ノv
素直シュール

一年A組
素直姉妹の三女。
不思議なその佇いと意味不明な言動から近付きずらい印象を与えている。
美術部に所属しており、百年に一人の才能としてメディアから追っかけられている。
ちなみに胸は巨乳。


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:48:25.20 ID:Gm2OSm6/0

(゚A゚* )
のー

通称のーちゃん。関西からの転校生で明るくクラスの人気者。
基本的にテンションが高く、誰とでも仲良く接する。
肉体改造が趣味らしく、時間があればいつも筋トレをしているとか。
ちなみに胸は貧乳。

------------------

@#_、_@ 
 (  ノ`)
流石母者

言わずと知れた流石家最恐母。
四児の人妻で朝昼晩の筋トレを欠かさず行なっている。
どうやら年下は趣味ではないらしい。
胸のサイズ?そんなの知った日にはしんでしまいます。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:49:30.18 ID:Gm2OSm6/0
一日目終了時恋愛到達度(7段階)

川 ゚ -゚)    →0

ノパ⊿゚)    →0

lw´‐ _‐ノv  →0

ξ゚⊿゚)ξ   →0

从'ー'从   →0

从 ゚∀从    →2

(゚、゚トソン   →0

('、`*川   →0

(゚A゚* )    →1

@#_、_@ 
 (  ノ`)   →1




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:56:19.11 ID:vrQHPiXiO
母者も到達度1だと…?


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:53:27.97 ID:Gm2OSm6/0
( *´_ゝ`)「何て清々しい朝だろうか!」

起きるや否や、そう叫びながら兄者は閉じていたカーテンを勢い良く開け
外から降り注ぐ太陽の光を身体いっぱいに浴びていた。
まるで久し振りに日光浴をした花のようだ。

(´<_` )「こんなに元気な兄者を見るのはいつぶりだろうか……」

朝からはしゃいでいる兄者に若干引き気味の弟者は、ドアに寄り掛かって見ている。

( *´_ゝ`)「だって俺にも春が来る可能性があるんだぞ。
      こんなにまでクリスマスが待ちどおしいのは初めてだ」

(´<_` )「まぁそれも行動しなければ結果は出ないんだけどな」

( ´_ゝ`)「よーし、今日も女の子にアタックしまくるぞー」


( ´_ゝ`)「>>17、誰に連絡を取ってみるか?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:54:10.66 ID:CnvuqLG+0
トソン


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 21:58:41.02 ID:Gm2OSm6/0
( ´_ゝ`)「トソンに電話してみるか」

(´<_` )「兄者都村さんと仲良いのか?」

( ´_ゝ`)「普通かな。一応委員会が同じだから話する程度」

(´<_` )「都村さんは目立たないからあんまり情報が入らないんだよな」

( ´_ゝ`)「あいつは大人しいからな。ぴぽぱぽぴっと」

プルルルルルルルルルル ガチャ

『はい、都村です』

( ´_ゝ`)「よートソン。俺俺兄者」

『兄者さんですか、おはようございます。今日も良いお天気で』

( ´_ゝ`)「そうだないい天気だ」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:01:42.46 ID:Gm2OSm6/0

『今日は天気が良くて気分が良いのでお出かけする予定なの』

( ´_ゝ`)「あー、天気良いからな」

『良ければ兄者さんも一緒に出かけませんか? 
といっても散歩だけなんですけどね』

( ´_ゝ`)「お誘いか……フラグ立ちまくりだな」

( ´_ゝ`)「>>25、一緒に散歩に行くか?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:02:22.21 ID:92rdHmRJ0
あえて行かないだろ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:05:19.69 ID:Gm2OSm6/0
( ´_ゝ`)「すまないトソン、今日はちょっと……」

『そうですか……いえ、私も急に誘ってしまってすいませんでした
 それではまた学校で。良い休日を』

( ´_ゝ`)「ああ、じゃあな」

ガチャン

(´<_` )「断って良かったのか?」

( ´_ゝ`)「まぁ、たまにはいいかと」

(´<_` )(たまにはって言う割にはまだ二回しか誘われてないくせに)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:10:54.45 ID:Gm2OSm6/0

(´<_` )「それはそうと兄者、朝飯は食いに行かないのか?」

( ´_ゝ`)「おお、すっかり忘れていたな」

それならば、と部屋から出て朝飯を食べようと思ったが
昨日の母者の呟きが頭の中に聞こえてきてリビングへ入る足が止まった。

@#_、_@ 
 (  ノ`)『3Pとやらは断っておくからね。あたしゃガキの趣味はないんだ』

(;´_ゝ`)(気まずいなぁ……)

昨日の今日だ。どうやって顔を合わせようか兄者は困っていた。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:15:56.57 ID:Gm2OSm6/0

しかし兄者の願いは神に通じたのか、リビングに母者はいなかった。

∬´_ゝ`)「あら兄者おはよう」

リビングには朝食のパンを食べていた姉者がいた。
仕事は休みらしく、今日は随分とゆっくりな朝だ。

( ´_ゝ`)「おはよう姉者」

∬´_ゝ`)「兄者がこんなに早く起きるなんて、明日は大霰かしら」

( ´_ゝ`)「失敬な。俺だってこんな朝はあるにきまっているだろう」

兄者はそう言うと姉者と向かいの席に座って用意されていた朝食を取る。
弟者と妹者はすでに済ませたらしく、リビングには二人しかいなかった。


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:20:25.20 ID:Gm2OSm6/0
∬´_ゝ`)「そう言えば兄者」

( ´_ゝ`)「何だ」

∬´_ゝ`)「あんたロリコン趣味だけじゃなくて熟女趣味もあったのね」

( ゜_ゝ゜)「ぶふぉっ!」

予想外の言葉に思わず噴出してしまう。
一体誰から聞いたのだろうか、姉者は呆れ気味に兄者を見ていた。

∬´_ゝ`)「弟者が言ってたわよ、奴は将来ムショ行きだってね」

( ´_ゝ`)「余計なことを……」

しかしほんの少し興味があったのは秘密だ。


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:29:05.03 ID:Gm2OSm6/0
それからは何となく気まずくなって二人は何も言わずにいた。
昔はあんなに仲が良かったのに、時の流れというのは人の絆をも変えてしまった。

∬´_ゝ`)「ご馳走様。それじゃあ私は彼と出かけるわね。
      母者は朝市にいってるから家にいるなら少しは手伝いくらいしなさい」

( ´_ゝ`)「気が向いたらな」

そう言ってリビングを出る姉者を見送った。
一人になり、急いでパンを掻き込むと手元に持っていた携帯に触れる。

( ´_ゝ`)「何だかんだで姉者ももうすぐ結婚か……早いもんだ」

婚約して早半年。新婚生活準備も進んでいるらしく、最近の姉者はとても嬉しそうだ。

( ´_ゝ`)「俺もああなれるさ。その気になればいつだって彼女の一人や二人……」

触れていた携帯を開く。
今の兄者に出来ることは、とにかく女の子にアタックすることだけだ。

( ´_ゝ`)「>>41、誰に電話しようか?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:30:52.31 ID:+ZJ54nqs0
ノパ⊿゚)


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:34:31.82 ID:Gm2OSm6/0

( ´_ゝ`)「ヒートに電話してみるか。あいつ部活じゃなきゃいいんだけどな……ぴぽぽぴぱっと

プルルルルルルルルルルル ガチャ

『誰だあああああああああああああああああ』

( ´_ゝ`)「俺だ」

『名を名乗れええええええええええええええええええ』

( ´_ゝ`)「俺の名前で登録していないのか、兄者だよ」

『わかっていたぞおおおおおおおおおおおおおおおお』

( ´_ゝ`)「わかってたなら聞くなよ」

『すまないな! 悪気はなかったんだああああああああああ』

( ´_ゝ`)(相変わらず元気だなあ)

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:35:57.90 ID:Gm2OSm6/0

( ´_ゝ`)「さて、ヒートに電話したのはいいが何を話せばいいのか」

( ´_ゝ`)「>>52、話題提供頼む」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:37:24.18 ID:i7L9BPzX0
クリスマスヒマ?

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:41:50.26 ID:Gm2OSm6/0

( ´_ゝ`)「クリスマスヒマ?」

『暇じゃないぞおおおおおおおお!』

( ´_ゝ`)「そうだよな……暇じゃないよな……わかってたけど傷つくな……」

『その日はケーキを作るのだ!』

( ´_ゝ`)「ケーキ?」

『今クリスマスケーキ作るための材料買うためにクー姉と一緒なんだぁ!
 良ければ兄者も来るか!? クー姉は甘いもの苦手だから何がいいのか分からないのだ!』

( ´_ゝ`)「ケーキ……甘いの好きだし行っても良いかな……」

( ´_ゝ`)「>>57、行くべきか?」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:43:08.10 ID:vrQHPiXiO
イク

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:50:18.31 ID:Gm2OSm6/0

( ´_ゝ`)「よし、行くぞ」

『そうか! では私たちはVIPビルの一階にいるからなああああああああ
 待ってるぞおおおおおおおおお!』

ガチャン

( ´_ゝ`)「昨日に続いて今日も女の子と会うのか……。
      昨日より緊張も取れたみたいだし、大丈夫だろう」

一人で呟きながら兄者は部屋へ戻り、簡単な衣服に着替える。
外の寒さにも似たような中身の財布を持って家を出た。

( ´_ゝ`)「クーリスマスが今年もやーってくるー」

上機嫌に歌いながら歩いていく。
午前中で人通りの少ない道は兄者にとってたまらなく歩きやすい道だ。

( ´_ゝ`)「ヒートだけじゃなくてクーとも会えるとはな、これは楽しみだ」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:55:28.26 ID:Gm2OSm6/0

駅前デパートのVIPビルは普段人でごった返しているが
休日の朝、珍しく人の入りが少ないデパート内はスイスイ進むことが出来た。

( ´_ゝ`)「それにしてもヒートたちはどこにいるのか……お」

キョロキョロと辺りを見渡していると、赤い髪の女の子の後姿が見えた。
その隣には少し背が高い黒髪の女性の背中も見える。
おそらくあれがヒートとクーであろう。

( ´_ゝ`)「んー、普通に声掛けるのもつまらんしな」

( ´_ゝ`)「>>64、どうやって声を掛けようか?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 22:57:04.64 ID:LDirB36TO
後ろからヒートに目隠しして、「だーれだ?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:02:04.59 ID:Gm2OSm6/0
二人に見つからないように兄者はそうっと近づいていく。
ヒートとクーは兄者に気付かないで楽しそうにお喋りをしている。
一歩、また一歩、兄者は歩みを進めていく。

( ´_ゝ`)(そーっとそーっと)

ヒートの後ろに付くと、すかさず両手を前に出しヒートの目を隠す。

ノハ⊃⊿⊂)「わっ」

驚いたらしく、肩を小さく震わせるヒート。
ヒートの耳元に顔を近づけると、兄者は小さな声で呟いた。

( ´_ゝ`)「だーれだ?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:04:00.81 ID:oApwMPqOO
兄者きめえw

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:04:23.03 ID:LDirB36TO
ヒーちゃんかわええwww

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:04:30.67 ID:ggYAIvVq0
ニヤニヤが止まらないぜ!

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:04:52.56 ID:92rdHmRJ0
ヒート可愛いなwww

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:09:27.95 ID:Gm2OSm6/0

川 ゚ -゚) 「何をしているのだ兄者、気持ち悪い」

ノハ⊃⊿⊂)「何だ何だー! 暗くて見えないぞー!」

( ´_ゝ`)「なんつーかさ、もうちょっと空気読めよお前ら」

ヒートの目を覆う手を話すと、兄者はヒートの頭をぽんと叩く。
身長が小さいヒートは必然的に兄者を見上げる形になり、頬を染めながらヒートは兄者を見た。

ノハ*゚⊿゚)「ちょっとびっくりしたぞ! いつもと違う兄者だったしな!」

( ´_ゝ`)(お?)

ノハ*゚⊿゚)「ほら行くぞ兄者にクー姉! 私は早く行きたいのだ!」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:16:59.07 ID:Gm2OSm6/0

ヒートはそう言うと物凄い勢いで先へ進んでしまった。
競歩選手並みの速さだ。

(*´_ゝ`)(ちょっと可愛かったな)

川 ゚ -゚) 「おい兄者」

普段よりドスが聞いた声でクーは兄者に話しかけると
胸倉を掴み、獲物を狙う様な目で兄者を見る。

川 ゚ -゚) 「ヒートが好きというなら私は何も言わない。
      しかし万が一ヒートを泣かせたときは……命がないと思っておけ」

ノハ*゚⊿゚)「クー姉! 兄者! そんなところで何をしているのだ!」

川 ゚ -゚) 「何、兄者が人がいっぱいで怖いというから宥めてあげていたのだ」

(;´_ゝ`)(人ほとんどいねぇし怖いのはお前のほうだよ)


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:23:24.65 ID:Gm2OSm6/0
何だかんだ言いながらも、三人は並んで食材コーナーへ歩いていく。
菓子売り場は女の子でいっぱいで、兄者はほんの少し居心地の悪さを感じていた。

(;´_ゝ`)(すっげぇ見られてる……視線が痛い)

ノパ⊿゚)「兄者兄者! 兄者はどんなケーキが好きなんだ!」

聞かれて答えようとするが、先程のクーが気になり声を喉に詰まらせてしまう。

( ´_ゝ`)(クーは……こちらに気付いていない)

( ´_ゝ`)(>>86、何と答えようか?)

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:24:35.12 ID:GyWvyQpwO
ウェディングケーキ

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:30:10.86 ID:Gm2OSm6/0

( ´_ゝ`)「俺はそうだな……ウェディングケーキが好きだな」

ノパ⊿゚)「なるほど! 兄者は随分とでかい物がすきなのだな!」

( ´_ゝ`)「あんなデカいケーキを一度で良いから食べてみたいものだ」

ノパ⊿゚)「なら私が食べさせてやる! 
     今年のクリスマスケーキはウェディングケーキにするぞおおおおおおお」

ヒートの叫びに周囲の女の子達はいっせいにこちらを見る。
その視線の仲にはクーの冷たい視線も一緒になっていた。

川 ゚ -゚)

(;´_ゝ`)(痛い、視線がさっきより痛い)

ノパ⊿゚)「ということは沢山材料を買わないとな! 砂糖千キロ買うぞおおおおおおおお」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:37:18.74 ID:Gm2OSm6/0
暫くの間、ヒートの勘違いされそうな叫びに痛い視線を感じたり
そのたびにクーからも痛い視線を感じながら買い物に付き合っていた。

ノパ⊿゚)「兄者! 今日はありがとうな!」

川 ゚ -゚) 「本当にな、色々な意味であ り が と う」

( ´_ゝ`)「どういたしまして、俺でよければいつでも行くよ」

ノパ⊿゚)「今年のクリスマスケーキは一段と力を入れていくぞおおおおおおおお
     みなぎってきたぞおおおおおおおおおおおおおおおお!」

川 ゚ -゚) 「それではまたな、兄者」

( ´_ゝ`)「ああ、また学校でな」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:41:16.16 ID:Gm2OSm6/0
二人の帰る姿を見送ると、兄者も家路へと歩いていく。
今日も収穫は有りだ。あんなに可愛いヒート、初めて見たのだから。

(;´_ゝ`)(もう一人は怖い以外の何でもないけどな)

寒気を感じ、ポケットに手を突っ込むと携帯が鳴り出した。

( ´_ゝ`)「ん? 誰からだ……」

電話の相手>>108

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:42:01.33 ID:/YB/+FYn0
支援

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:46:48.20 ID:Gm2OSm6/0
『もしもしえん』

( ´_ゝ`)「はい、誰ですか」

『支援です、趣味はブーン系小説の支援をすることです』

( ´_ゝ`)「そうですか、俺はエロゲするのが趣味です」

『ブーン系楽しいよブーン系。他のSSスレも勿論面白いけどブーン系の面白さは異常』

( ´_ゝ`)「はぁ」

『おっと新しい現行が来たようだ、それでは私は支援に戻る』

ガチャッ

( ´_ゝ`)「なんだったんだ」

そう呟くと、再び携帯が鳴り出した。

( ´_ゝ`)「今度は誰だ」

電話の相手>>124

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:47:24.09 ID:HYW5gFAw0
なんという安価処理www
>>124ならハインで

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:52:44.67 ID:Gm2OSm6/0
『よー兄者』

( ´_ゝ`)「どうしたハイン」

『いや、別に何となく電話してみたんだ。昨日はありがとうな』

( ´_ゝ`)「どういたしまして、またどっか遊びにいくのか?」

『あー、今日は今から飲みに行くんだ。本当に何となく電話しただけなんだ』

( ´_ゝ`)「そうか」

昼を過ぎた街は人で溢れている。
気分がいいとはいえ、やはり人ごみは怖いというのが兄者の本音だった。

( ´_ゝ`)(せめて帰るまではハインと話をつなげたい)

( ´_ゝ`)(>>136、何か話題を)

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:55:15.59 ID:92rdHmRJ0
料理は得意か?

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/20(土) 23:59:08.80 ID:Gm2OSm6/0

( ´_ゝ`)「料理は得意か?」

『俺が料理出来ると思ってるか?』

( ´_ゝ`)「人は見かけによらずというからな」

『出来るわけないだろうバーカ』

( ´_ゝ`)「まぁ予想はしてたけどな」

『レトルトカレーなら作れるけどなwwwww俺すっげぇうまいんだぜwwwww』

( ´_ゝ`)「レトルトは作るとは言わないんだぜ」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:02:13.81 ID:v9XPK1Ei0

『そういう兄者は何か作れるのかよ』

( ´_ゝ`)「俺? 俺はな……」

( ´_ゝ`)(何も作れない、しかしいい格好はしたい)

( ´_ゝ`)「>>147、何か俺でも作れそうな料理を」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:03:05.90 ID:D7X9SjoH0
フォンドヴォー

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:04:58.61 ID:wpe8HDfkO
>>147
これはひどい

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:05:51.89 ID:ntJ8a6Pl0
>>147
なんだそれは

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:07:43.06 ID:5GZ+ZxGQO
>>147子牛のだし汁とか…

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:07:11.95 ID:v9XPK1Ei0
( ´_ゝ`)「フォンドヴォー」

『ふぉ? なんだそりゃ』

( ´_ゝ`)「実は俺もわからない」

『フォン・ド・ヴォー(仏:fond de veau)は、仔牛のフォン(出汁、ブイヨン)のこと。

フランス料理においてフォンは、主にソースを作るのに用いられる出汁である。

子牛の骨やスジを焼き色がつくまで炒めるかオーブンで焼いてから、ブイヨンや水に入れ、弱火でゆっくり煮込む。
アクや余分な脂肪を根気良く取り除きながら、汁が濁らないように注意して煮込んでいくのが澄んだフォンをつくるコツである。

タマネギやセロリなどの香味野菜と香辛料、トマト(生あるいはピューレ)を加えて、更に煮込んで作られる。

仔羊の出汁はフォン・ダニョー(fond d'agneau)、シカ、イノシシ、ウサギやウズラなど
野鳥獣の出汁はフォン・ド・ジビエ(fond de gibier)と呼ばれ、これらはいずれも褐色系のフォン(フォン・ブリュン:fond brun)の一種である。

これに対して、白色系のフォン(フォン・ブラン:fond blanc)には、鶏のフォン(フォン・ド・ヴォライユ:fond de volaille)や魚のフォン(フュメ・ド・ポワソン:fumet de poisson)がある。

以上wikipediaより引用』

( ´_ゝ`)「引用かよwwwwwwww」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:08:24.24 ID:d3I+ApNKO
引用かよwwwwwwwwwww

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:08:37.60 ID:ntJ8a6Pl0
言葉で説明しやがったwwww

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:08:49.42 ID:u6RWthrxO
腹www痛いwwww

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:08:59.82 ID:5GZ+ZxGQO
作者GJwww

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:11:44.69 ID:D7X9SjoH0
せっかくwiki見てきたのに意味がなかった

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/21(日) 00:14:33.99 ID:v9XPK1Ei0
そうして二人知識のない料理の話をしているうちに家に着いてしまった。
楽しい時間がたつのは早いものだ。兄者はそう思った。

それにしても意外にもハインの頭は意外にも良かった。
一つ問題があるとすれば、全て引用なところくらいか。

『お、そろそろ俺行かないと。それじゃあまた学校でなー』

( ´_ゝ`)「おう、またな」

そう言って携帯の電源ボタンを押す。
通話終了後の規則的な音がやけに寂しい。
そう感じるのは楽しかったということなのだろう。

( ´_ゝ`)「明日は誰に電話してみようかなー」

そう一人呟きながら、兄者は家の中へと入っていったのだった。


        【二日目,了】


[ 2008/12/22 22:24 ] 長編まとめ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。