ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ・∀・)はサッカーをするようです 1

2 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:46:23.23 ID:OAYhecwJO

春―――
それは新たな出会いの季節―――そして新たな始まりの季節

( ・∀・)「ふう、座りっぱなしで疲れたなあ」

始業式がようやく終わった。
俺はマミムメ モララー、VIP高校の新入生だ。
学力も体力も普通。取り柄といえばこの話の主役なことぐらいだ。

( ゚∀゚)「おうモララー。お前部活どうするんだ?」

こいつは長岡 ジョルジュ。
運動神経が良くて中学からのダチだ。


6 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:49:29.97 ID:OAYhecwJO

( ・∀・)「部活ねぇ……どうしようかな」

外では部活の勧誘しまくってる。


川 ゚ -゚)「弓道部に入りませんか-?楽しいですよ」

('A`)「パソコン研究会入ってくださ―い。パソコン使い放題でーす」

(´・ω・`)「サッカー部入りませんか―?カッコイイし女の子にもモテモテだよー」

从゚∀从「おい、そこのお前ら、野球部入りやがれ」



7 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:50:56.63 ID:OAYhecwJO

( ・∀・)「おい、今の聞いたか?」

( ゚∀゚)b「もちろんさ、相棒」

( ゚∀゚) ・∀・)「先輩、俺達サッカー部入ります」


(´・ω・`)「本当かい?じゃあ部室行こうか」

(´・ω・`)「僕は2年の田中 ショボンだ。ショボンでいいよ。よろしくね」


8 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:51:41.06 ID:OAYhecwJO

俺達はワクテカしながらついていった。ショボン先輩が扉の前で止まった。どうやらここが部室のようだ。

(´・ω・`)「失礼します。新入部員連れて来ました」

(,,゚Д゚)「もう2人か、早いな。よし、お前から名乗れ」

どうやらこの人が部長のようだ。部長は俺を指差した。

( ・∀・)「はい。1年A組マミムメ モララーです」

(,,゚Д゚)「よし、お前はゴルァラーだ。次!」




11 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:53:40.00 ID:OAYhecwJO
あれ………何?何が起きたの?なんか今ゴララーって呼ばれたよ?俺モララーだよ?

( ゚∀゚)「同じく1年A組長岡 ジョルジュです」

(,,゚Д゚)「よし、お前は山本だ」

ほら、またなんか起きたよ?ジョルジュじゃん。長岡じゃん。まさか俺がおかしいの?

(;・∀・)ヒソヒソ「先輩これ何ですか?俺ゴリラーって……」

(´・ω・`)ヒソヒソ「部長はあだ名を付けるのが好きなんだ。サッカー部で使われるコードネームと思えばいいよ」

14 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:55:21.71 ID:OAYhecwJO

(,,゚Д゚)「俺がこの部を仕切るギコだ。船長と呼んでくれ。この部での返事はイエッサーだ」

( ゚∀゚)「そういえばショボン先輩は何て呼ばれてんスか?」

(´・ω・`)「太郎………」
(;・∀・)(;゚∀゚)「……………」


(,,゚Д゚)「よし、これから基礎練習を始める。ついてこいゴルァラー」

( ・∀・)「イエッサー」


15 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:55:46.67 ID:OAYhecwJO

(,,゚Д゚)「ブーン、太郎お前らが山本を鍛えるんだ」

( ^ω^(´・ω・`)「イエッサー」

( ゚∀゚)(でもなんで俺山本…………?)

~グランド~
(,,゚Д゚)「まずは必殺技の練習だ。このボールを破裂させろ」

(;・∀・)「基礎なんだからドリブルとかリフティングするんじゃないんスか?」

(,,゚Д゚)「馬鹿ヤロー!主人公の基本は必殺技だろうが!お前それともやる気ねえのか!?」

(;・∀・)「や、やります」

(,,゚Д゚)「そうだ。お前には主人公補正がある」

17 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:57:20.28 ID:OAYhecwJO

一ヶ月後

地区予選が始まった。ただいま作戦会議中。BYモララー

(,,゚Д゚)「前半はパス回しで時間を潰せ。ではスタメンを発表する。ブーンはゴールにつけ」

( ^ω^)「把握」

(,,゚Д゚)「俺と太郎はMFだ。」

(`・ω・´)b 「おk。ボールが俺を呼んでるぜ」

(,,゚Д゚)「よし、試合モードだな。山本はフォワードだ。」

( ゚∀゚)「イエッサー」

(;・∀・)「あ…あの…俺は?」

(,,゚Д゚)「お前は全部だ。よし、行くぞ」


18 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:58:08.16 ID:OAYhecwJO

( ><)「それではVIP高校VSラウンジ高校の試合を始めるんです」

ピ――――――

~ハーフタイム~


(,,゚Д゚)「MFも最前線まで逝ってよし!これから猛攻撃だ!」

一同「オー!」


ピ――――――

( ><)「VIP高校からで再開なんです」


19 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:59:29.61 ID:OAYhecwJO

(,,゚Д゚)「俺の必殺ドリブルをくらえ!ギコギコダッ――――――シュドリブル――――!!!」

( ´∀`)「僕もラウンジの主将として負ける訳にはいかないモナ。モナモナダッ――――――シュ」

(,,゚Д゚)「かかったな。受けとれ、山本!!」

( ゚∀゚)「はい船長。ちっもう敵がきやがった。必殺モララーコノマエノヒャクエンカエセパ―――ス」

(;・∀・)「ちょwwww今いうなwwショボン先輩受けとって」

(`・ω・´)「ふふふ、この時を待ってたよ。奥義ハイパーウルトラショボンテンサイシュ――――ート」



21 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 21:01:06.02 ID:OAYhecwJO

( ><)「ピ―――――ゴォ―――――ル」

( ・∀・)「おっしゃあ――!1対0だ」

(;´∀`)「くっ、しかし僕が11人抜きすればいいだけモナ。モナモナダッシュドリブルハイパー――――」

次々と抜かれる選手たち

(,,゚Д゚)「ゴルァラー何としても止めろ!特訓の成果を見せろ」

( ・∀・)「ほい来た。必殺――――」



22 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 21:02:15.38 ID:OAYhecwJO

( ・∀・)「モララーパーンチ」

ニつ∀`)「グハッ」

( ><)「ピピ――一イエローカードなんです。次やったら退場なんです。モナー君、PKです」

(メ´∀`)「狙うは右上ギリギリ……シュ―――ート」

(    ^ ω ^ )「秘技、巨大化」
ボヨン

(メ´∀`)「僕のシュートが止められた。ああ僕はもう駄目モナ」

( ^Д^)「諦めたらそこで終了だぞモナー」

ラウンジ選手「そうだぞ、モナー」

(メ;∀;)「みんな………」


23 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 21:03:30.93 ID:OAYhecwJO

( ^Д^)「おい、デブこっち向け」

(    ` ω ´ )「何だとコラ」

(メ´∀`)「今だ、シュート」

( ><)「ピ――――ゴォ――――ル。1対1なんです」

(,,゚Д゚)「くそ、もう時間がねえ。速攻だ」

ドリブルするギコ、だが立ち塞がるモナー。ボールを奪いさっていく。

(メ´∀`)「もう誰も僕を止めれないモナ」

( ^Д^)「悔しかったらこっち来てみろデブ」

(    ` ω ´ )「まだ言うかコラ」

(メ´∀`)「今だ。これで終わりだモナ。ウルトラシュ――――ート」

25 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 21:05:36.10 ID:OAYhecwJO

( ・∀・)「まだ終わってねえ」

ブーンの陰から突如現れたモララー。モナ―のシュートを完璧に掴みとる。

( ・∀・)「ナイスキャッチ俺。そしてそのままド――――ン」

思いっきり前に向かって蹴る。

(`・ω・´)「確かに受けとった」

(メ´∀`)「卑怯モナ!今のはハンドだモナ」

28 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 21:07:13.43 ID:OAYhecwJO

( ・∀・)「甘いな。俺のポジションはすべて、つまりキーパーは俺なんだよ」

(;´∀`)「そ………そんな………」

( ・∀・)「さすが俺!凡人にはできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!」

俺はゴールへと向かう。試合を決めるために―――そして俺の人気アップのために――

(`・ω・´)「くそ、外したか」

ショボン先輩のシュートは上のバーに当たった。
やはりサッカーの神は俺を待っているようだ。そして俺は飛びあがる。ボールに向かって―――



29 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 21:08:17.88 ID:OAYhecwJO

( ・∀・)「ジャンピングオーバーヘッドシュ―――――ト」


スカッ
あれ?神に選ばれた俺が?こんなはずじゃ………

( ゚∀゚)「とうっシュートだ」

こぼれ球をジョルジュが拾う。ネットが揺れる。試合終了の笛がなる。

( ><)「2対1でVIP高校の勝ちなんです」

(,,゚Д゚)「勝ったぞーーーー!うおーー―――」

(`・ω・´)「さあヒーローを胴上げだ」

一同「ワッショイワッショイ」

僕の近くでいつのまにか雨が降り出した。その雨はしょっぱかった。


第1話・終


第2話へ
[ 2008/10/23 18:04 ] 中篇まとめ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。