ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(*゚ー゚)しぃはゴニョゴニョっ娘のようです

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:46:48.50 ID:2SehEHZVO
(*゚ー゚)「さぁ、皆、お昼寝の時間ですよ~」

VIP保育園の一室。
「さくら組」と名付けられたその部屋で、
保育士であるしぃは元気にはしゃぎまわる幼稚園児達を寝かせつけるべく手を叩いた。

(*゚ー゚)「皆、お片付けをしましょうね~」

しぃが笑顔でさくら組の園児達に呼び掛けると、園児達から元気の良い返事が返ってくる。

(*゚ー゚)(皆良いコだな~。この分なら早く寝てくれそう)

お昼寝の時間は保育士にとって言わば休息のひと時である。

この調子ならばその時間が早く取れるだろうと思った矢先だった。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:49:04.16 ID:2SehEHZVO
(*゚ー゚)「あれ?モララー君とショボン君は?」

しぃは部屋の中を見回して、二人の園児の姿が見えないことに気付いた。

('、`*川「モララー君とショボン君はトイレだよー」

園児の一人、ペニサスちゃんがしぃに伝える。

(*゚ー゚)「あら、そう。じゃあ二人が戻って来たらお昼寝にしましょう」

二人とも言う事をよく聞いてくれるいい子だし、すぐに戻って来てくれると、しぃは思った。

そんなしぃを見つめる園児達は、ほんの一瞬視線を交わし合い、
無邪気な、しかしそれ故に不気味な笑みを浮かべた。

(*゚ー゚)しぃはゴニョゴニョっ娘のようです

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:51:27.50 ID:2SehEHZVO
从'ー'从「ねぇ、せんせー!」

ペニサスと同じく園児の一人である渡辺が、しぃに駆け寄った。

从'ー'从「あのね、先生に見せたいものがあるの」

渡辺は手を後ろに隠し、何かを持っているかのようにモジモジとしている。

(*゚ー゚)「んー、何かなー?」

しぃはしゃがみ込み、渡辺と視線の高さを合わせる。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:55:04.86 ID:2SehEHZVO
从'ー'从「今日って、せんせーの誕生日でしょー!
     だから、皆でせんせーに誕生日プレゼントを渡すことにしたの!」

(*゚ー゚)「え~!?本当に!?」

ーーーー覚えていてくれたんだ。
しぃは保育士としての喜びを感じながら、嬉しそうに答えた。

(*゚ー゚)「なになに?」

从'ー'从「それはね……」

渡辺の口の両端が吊り上がる。
しぃはその表情に不気味さを感じた。

その瞬間、しぃの背後から手が伸びてきて、しぃの口にハンカチが当てられ、
しぃはツン、とした刺激臭を感じた後、視界が歪み、意識が朦朧とし始めた。

(* ー )「え……?な……に……?」

从'ー'从「ゴメンね、せーんせw」

渡辺の楽しそうな声を聞きつつ、しぃは意識を失った。

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:58:35.21 ID:2SehEHZVO
(* ー )「ん……」

頭痛を感じながら、しぃは意識を取り戻した。

(*゚ー゚)「私……」

しぃは、一瞬忘れていた、意識を失うまでの状況を思い出した。

(*゚ー゚)(そうだ……後ろから何かを嗅がされて……)

意識をはっきりさせた時、しぃはある事実に気付く。

(;゚ー゚)「え!?」

身体が動かない。

あちこちに圧迫される感覚を感じ、唯一動く頭を起こす。

(;゚ー゚)「!!」

しぃはテーブルの上に仰向け、M字開脚、手は頭上で縛られている状態で拘束されていた。

さらに、身につけていた衣服は剥ぎ取られ、下着だけがしぃの身を隠していた。

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:01:26.58 ID:2SehEHZVO
从'ー'从「せんせー起きたー?」

声がした方向を向くと、渡辺が先と同じ笑みを浮かべながら傍らに立っていた。

(;゚ー゚)「ワタナベちゃん!?
    これは一体……!?」

从'ー'从「誕生日プレゼントだよ」

ワタナベはしぃの動揺をむしろ楽しむように言った。

从'ー'从「せんせーが喜ぶモノを探したんだけど……。
     ちょーっと考えて、コレが1番みたいなんだよね」

(;゚ー゚)「コレって……!
    と、とりあえずコレを解いて!」

しぃは身体を揺らして拘束を解こうともがいたが、どこからか持って来られた縄で、
手と頭上の柱、胴体とテーブル、ふとももとふくらはぎと、そこから伸びた縄がテーブルの脚と、
ガッチリと縛り付けられ、全く身動きが取れない。

(;゚ー゚)「ッ……!誰か!」

( ・∀・)「無駄だよ、他のせんせーはお昼寝中だから」

ワタナベと別の声がする。
その主は部屋の入口にいるモララーだった。

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:04:11.28 ID:2SehEHZVO
(´・ω・`)「お茶の入ったケースに薬を紛れ込ませて、ちょっと眠って貰ったんだ。
      多分三時間は起きないだろうね」

同じように入口にいるショボンが言う。

从'ー'从「せっかく私達が考えた誕生日プレゼントを、邪魔されたくないもんね」

(;゚ー゚)「せ、先生はこんなことされても嬉しくないわ!」

しぃは必死に叫んだ。

( ・∀・)「うっそだぁ、もうすぐ喜ぶくせにー」

モララーが愉快そうに言う。

从'ー'从「誕生日プレゼントだから、ちゃんとあげるものも用意してきたんだよ?」

ワタナベは先生の前に歩き出て、後ろ手に隠していたモノをしぃに見せた。

(;゚ー゚)「な……ッ!?」

それは男性器を象ったプラスチック製の電動棒。

从'ー'从「お母さんがね、真夜中にお父さんにコレを使って喜ばせてもらってたんだw
     使い方も内緒で見て覚えちゃったw」

ワタナベが楽しそうに笑うが、しぃはそれどころではない。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:07:00.27 ID:2SehEHZVO
(;゚ー゚)「だ、ダメよ!先生はそんなことして貰ったって……!」

( ・∀・)「やってみれば分かるよねー」

しぃの言い分を無視して、
モララーがハサミでしぃのパンティの側面、細くなっているところを断ち切った。

(;゚ー゚)「いやッ!」

しぃは思わず叫ぶ。

( ・∀・)「もう片方も……っと」

モララーは躊躇う事なくもう一度パンティに刃を入れる。

裁断音と共に、しぃのパンティは一枚の布になった。

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:09:15.66 ID:2SehEHZVO

(;゚ー゚)「止めてッ!お願いだから!」

(´・ω・`)「ジャングルもじゃもーじゃ、穴二つー、っと」

しぃの懇願虚しく、ショボンがパンティを剥ぎ取る。
(´・ω・`)「あれ?ジャングルがないぞ?」

(*///)「……ッ……」

ショボンの言う通り、しぃの秘部には陰毛が生えていなかった。
毛根も見えず、剃った様子ではない。

( ・∀・)「あー、そうか、せんせーは毛が無いんだ」

(*///)「……」

しぃの顔はもはや真っ赤に染まり、恥辱に堪える為に両目は固く閉じられている。

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:11:40.17 ID:2SehEHZVO
( ・∀・)「まあいいや、そっちの方が、「ソレ」、入れやすいよね、ワタナベちゃん?」

その一言を聞いて、しぃは目を見開いた。

从'ー'从「そうだね、簡単」

見れば、ワタナベが、しぃの秘部に、歪々しいそれを当てようとしていた。

(;゚ー゚)「嘘……!」

しぃはもはや叫ぶ気にもなれなかった。

(´・ω・`)「大丈夫だよ、せんせ。
      ちゃんとご飯の時、せんせーの飲み物に、
      「チコウセイのビヤクとシビレグスリ」紛れ込ませておいたから、
      もうすぐ効き目が出てくるよ」

そういえば先から力が入らず、意識もどこか浮ついた感じがしている。
秘部も熱を持っているようだった。

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:14:27.92 ID:2SehEHZVO
从'ー'从「あれれー、なんか先生のココ、濡れてきてるよー?」

ワタナベの一言がしぃの恥辱を加速させる。

( ・∀・)「ああ、それは準備オッケーの合図なんだってさ」

从'ー'从「そうなんだ。じゃあ、せんせーの準備はオッケーなんだね!」

(*///)「ま、まっへ……らめぇ……」

遅効性のシビレ薬と媚薬が呂律すら回らなくさせる。

从'ー'从「気持ち良くなってね、せんせw」

ワタナベの無邪気で残酷な一言と共に、しぃの秘部にソレが押し込まれた。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:17:56.13 ID:2SehEHZVO
(*///)「あぁあぁぁああぁぁッ!」

脊髄を走る強烈で甘美な刺激に、しぃは身体をのけ反らせた。
(*///)「あは……ッ」

心拍数が跳ね上がり、荒い呼吸を繰り返す。

しかし、それもつかの間。
从'ー'从「動かすよ~」

ワタナベの一言と共に、秘部に入り込んだソレが出し入れされる。

(*///)「アアッ!」

耐え難い快感が襲い掛かり、体中に倦怠感が広がる。
(*///)「ンッ! アッ!」

しぃは快感を堪えようと目を閉じ、歯を食いしばり、首を不定期に振る。

从'ー'从「せんせー、キモチイイ?」

(*///)「おねはい……もう……ンンッ!……ヤメテ……」

真っ赤に上気した顔をワタナベに向けて、しぃは懇願した。

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:20:02.58 ID:2SehEHZVO
从'ー'从「ダメだよぅ、これからがお楽しみなんだから」

唐突に、胸の谷間に冷たい感覚を感じる。

(*///)「ああ……」

ハサミが、ブラジャーと胸の間に滑り込んでいた。

( ・∀・)「チョッキン、と」

無慈悲な刃がしぃを包む最後の布を取り去った。

( ・∀・)「うわー、せんせーのオッパイ、僕のお母さんよりおっきいや」

モララーがまじまじとしぃの豊満な胸を視姦しながら言う。

从'ー'从「乳首が固くなったら準備オッケーなんだよね、モララー君」

( ・∀・)「うん。せんせーはもう良いみたいだよ」

しぃはもはや抵抗する気力が無かった。
秘部から伝わってくる刺激に堪えることすらままならず、
嬌声と喘ぎ声をあげるのみだ。

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:23:01.72 ID:2SehEHZVO
(´・ω・`)「でも、せんせーは乳出ないんだよね」

( ・∀・)「うん。「ニンシン」しないとダメらしいよ」

(´・ω・`)「まぁ、いっか。
いただきまーす」

しぃの胸の頂点に、ショボンがむしゃぶりついた。

( ・∀・)「じゃあ僕も」

もう片方も同様にモララーが吸い付く。

(*///)「ひゃぁぁあぁああッ!」

そして、口の中でしぃの乳首を吸い始めた。

(*///)「アッ、ン……ッ!!」

熱を持った快感がしぃをイジメ抜き、しぃは抵抗出来ず、身を委ね、快感に溺れていく。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:24:28.47 ID:2SehEHZVO
从'ー'从「あ、そうだ、忘れてた!せんせーに衣装を着せてあげなくちゃ!」

そんなしぃにソレによるピストン攻撃を加えていたしぃが、思い出したかのように叫び、
模造の男性器をしぃの秘部に残したまま自分のロッカーから紙袋を持ち出した。

从'ー'从「じゃーん!猫ちゃんナリキリセットー!」

袋の中に入っていたのは、お馴染みネコミミの着いたカチューシャと、アナルボールにふさふさの猫の尻尾がついたモノだった。

从'ー'从「コレを着ければ、せんせーもっとかわいくなるよー」

しぃのセミロングの髪の上からネコミミカチューシャを嵌めながら、ワタナベは言う。

从'ー'从「後は尻尾w」

割り広げられたお尻から覗く菊門に、アナルボールが入り込む。

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:30:02.73 ID:2SehEHZVO
(*///)「ッ!!アッ!!アアアッ!!」

その侵入を防ごうと腹部に力を入れた瞬間、秘部に入っていたソレを締めてしまい、快感が身体を走る。
その隙に、アナルボールがしぃの菊門を通過した。
普段ならば苦痛しか生まない菊門への侵入者も、媚薬に酔わされたしぃには快感を生む。

从'ー'从「かわいい猫ちゃんせんせーの完成~w」

ワタナベは楽しそうに言うと、再びソレを出し入れする作業に戻った。

もはや腹部に力を入れることはソレやアナルボールを食い締め、自らの快感を増やす自殺行為だ。
力を入れることさえ敵わなくなって、しぃはいよいよ快感の渦に巻き込まれる。

それでもかろうじて持っていた意識が、さらなる一言を聞いてしまった。

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:33:13.69 ID:2SehEHZVO
从'ー'从「皆ー、しぃせんせーの身体を嘗めてあげてー」

驚く気力すらない。

今まで取り囲んで見ているだけだった園児達が、ゆっくりと輪を狭め、しぃに迫る。

そして……

拷問とも言える容赦ない責めが始まった。

媚薬によって感覚が高められた肢体……うなじ、お尻、腋、臍、顔……を、無数の手と舌がまさぐり、蹂躙する。

(*///)「らめぇ……ッ、ぁぁぁああッ!!!」

もはや何回達したかなど覚えていられるはずも無かった。

言葉にならない嬌声と、口から涎を垂れ流し、秘部をテカテカと照らさせる。

自ら進んで腹部に力を入れて、模造の肉棒と数珠繋ぎの紐を食い締めて快感を貪る。

「アハッ、またイクッ、イクーッ!!」

しぃは何度目ともしれぬ絶頂を向かえた。

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:37:47.04 ID:2SehEHZVO
この後、薬の効き目が切れた同僚達によってしぃが甘美な地獄から抜け出したのは、
一時間後の事であった。

園児達はこっぴどく叱られたが……。

「次の水曜日はツンせんせーの誕生日だよね……w」

しぃはゴニョゴニョっ娘のようです fin

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:39:01.26 ID:2SehEHZVO
以上ッ!
昨日に続き沢山のわっふr……支援に感謝!

自分の趣味ばっか突っ込んでスマン!

後、嫌悪感を抱いた皆には本当にすいませんでした。マジですいませんでした。



書いてたらいきなり知り合いの女性に携帯取り上げられて、頭が真っ白になったのは秘密




おまけ スレ内の反応
80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:53:24.04 ID:opD8djqSO
しっしえ゙え゙え゙エエェェェっふごふぁげっふげっふ

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:54:28.49 ID:1lHjoAeC0
これはwktkが止まらない

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:54:39.54 ID:opD8djqSO
続きをっ
はやくつづきをよませわっふぅぅぅっるてくださいましぃぃぃぃ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:59:12.61 ID:vOmP6wIF0
わっふるわっふる

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:00:53.09 ID:jBmM+o1u0
わっふぅぅうぅうぅぅうルルエアhリエうろ言う亜wりううわふうぅぅぅぅぅぅぅうる!!!!!!!!!!!111!!
95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:08:18.81 ID:jBmM+o1u0
いぃぃいぃやっふぅうぅぅうぅぅうう!!!!!!
わっふぅうぅぅぅぅうぅぅぅぅうぅう!!!!!!

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:09:07.23 ID:koxWCuAw0
わわわっふる
109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:17:59.90 ID:opD8djqSO
いいいいやぁぁぁぁっほぉぉおぉぉう

F5F5F5F5F5F5

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:19:39.36 ID:0AVd3nqj0
ワッフルワッフル

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 23:19:51.43 ID:QGzsj36B0
さて、抜くか

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 22:56:32.74 ID:oKocGTpE0
エロが投下される時のお前らのテンションの変わりようは異常




わっふるわっふる
[ 2008/09/28 22:23 ] 短編まとめ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。