ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)先生の文化祭のようです

2 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:09:42
8月23日日曜日
その知らせはかなり唐突なものだった。

ζ(゚ー゚*ζ「先生!」

( ^ω^)「お?なんだおデレさん」

ζ(゚ー゚*ζ「これ見てください」

( ^ω^)「《8月30日VIP高等学校文化祭》…これは文化祭の募集要項だお」

ζ(゚ー゚*ζ「それのここです!ここ!」

3 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:11:20
( ^ω^)「先生方の出演者募集…いまさらすぎるお。しかも、もう締め切り終わってるお」

ζ(゚ー゚*ζ「心配いりません!既に出しときましたから!」

(;^ω^)「…へ?いまなんと?」

ζ(゚ー゚*ζ「だからすでに登録してます。ほら、プログラムの草案ですよ」

( ^ω^)「…」
(^ω^)「…」

ζ(゚ー゚*ζ「こっち見ないでください」

4 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:12:56
(;^ω^)「いやでもね、僕はサインした覚えが…」

ζ(゚ー゚*ζ「大丈夫です!私の彼、生徒会長ですからw」

( ^ω^)「ちょwwwそれ職権濫用www」

ζ(゚ー゚*ζ「大丈夫ですよ」

( ^ω^)「いやでもね…」

ζ(゚ー゚*ζ「大丈夫です!ね!ね!よし決定です」

5 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:14:19
( ^ω^)「行っちゃたお…。別に止めにできるんだけどな、一応先生だしおね。
      でもここで引き下がるのは教師の名が廃るだお。ここは一つデレちゃんの顔を立てるつもりで頑張るおw」







( ^ω^)先生の文化祭のようです
8 :張り忘れです…orz>>5と>>6の間に ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:19:59
このお話の登場人物

( ^ω^)…VIP高校の音楽教師。もとはピアノ専攻で音大に入ったが、高校の部活でチェロもやっていて大学の授業とは別でチェロを習い、そこそこうまく弾ける。

ξ゚⊿゚)ξ…ブーンの幼なじみで、現在同棲・婚約中。

(*゚ー゚) …ブーンの先輩でVIP高校の数学教師。在学中チェロを弾いていた。

( ・∀・)…VIP高校の校長。ブーン達が在学中は数学の教師で管弦楽部の顧問だった。

その他…生徒

6 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:15:33
そんでもってその夜


( ^ω^)「というわけですお」

( ・∀・)「一言言わせてもらおう。君は馬鹿だろ」

(*゚ー゚) 「というか無謀よね」

(;^ω^)「お、お、二人ともひどいお」

ξ゚⊿゚)ξ「で、何するのピアノ?チェロ?まさか何も考えてないわけじゃないでしょうね?」

( ^ω^)「いや…実はまだ決めてないんだお……」

7 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:17:07
( ・∀・)「…」

(*゚ー゚) 「…」

ξ゚⊿゚)ξ「…」

(;^ω^)?

( ・∀・)「あー、一つ訂正させてもらおう。君は大馬鹿だ」

(*゚ー゚)「 ま、内藤くんらしいといえばそうなんだけどね」

( ^ω^)「おっおっ、しぃさんありがとうですお」

(*゚ー゚) 「いえいえ、どうもいたしまして」

( ・∀・)(いまのは…ほめた…のか?)

ξ゚⊿゚)ξ(いや、絶対ほめてないでしょ…)
9 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:21:31
ξ゚⊿゚)ξ「で、どうするのよ。あんたのことだから他に何もできないでしょ?」

( ^ω^)「なんか酷い言われようだけど、たしかにその通りだお。ピアノかチェロか…」



( ・∀・)「……よし、それなら私がピアノを弾くからチェロを弾けばいいじゃないか。校長とのコラボなら生徒も大いに盛り上がるだろうしね」

(;^ω^)「お?」

(*゚ー゚) 「なかなかいいんじゃない?わたしは賛成だな。内藤くんチェロうまいもんね」

( ^ω^)「そんなことないですお」

(*゚ー゚) 「またまた謙遜しちゃってw」

ξ゚⊿゚)ξ「わたしもいいと思うわよ。やったらいいじゃない、ブーン」

( ^ω^)「お、お、ツンがそういうならやるお」

10 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:23:53
( ^ω^)「あ、でも先生忙しいんじゃないかお?」

( ・∀・)「わたしは別に構わないよ。文化祭って意外とすることないんだよ」

(;^ω^)「そ、そうなんですかお」

( ・∀・)「ま、君も校長になればわかるよ。1日校長体験でもやってみるかい?」

( ^ω^)「お断りしますおw
      そしたら何を弾きますかお?なんだかんだ言ってモララー先生も忙しいだろうからそんなに難しい曲は…」

( ・∀・)「わたしは難しくても平気だが?」

(;^ω^)「お!?」

( ・∀・)「そうだ、これなんかいいんじゃないか?ポッパーの妖精の踊りだ。いやー名曲だとおm(;^ω^)「無理ですお!」


参考
ポっパー妖精の踊り ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3148213

ニコニコしかなくてごめんなさいなんです( ><)

11 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:25:18
( ・∀・)「それならね…これなんかどうだい?サン=サースのアレグロアパッショナート。
      チェロのレパートリーの中でかなり有名だから生徒も知ってるんじゃないかな?」

( ^ω^)「確かに若いころはよく練習してましたけど、もう弾けn」

( ・∀・)「よし決定!そうと決まれば早速練習だ。明日の放課後合わせるから練習しときなさい。
      そうと決まれば私は帰るとしよう、楽譜も探さなきゃいけないからな」

(;^ω^)「え、ちょwww」

( ・∀・)「よろしく、頼むよ内藤くん。では2人ともお元気で」



参考
サンサースアレグロアパッショナート ttp://jp.youtube.com/watch?v=ib9s5LunvFI

12 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:26:57
( ^ω^)「行っちゃったお…」

(*゚ー゚) 「モララー先生は相変わらずねw」

( ^ω^)「お、お、ほんとだおw」

ξ゚⊿゚)ξ「で、ブーンあんた大丈夫なの?」

( ^ω^)「なにがだお?」

ξ゚⊿゚)ξ「なにがって…。曲よ曲!弾けるの?」

( ^ω^)「やってみないとわからんけど頑張るおw昔は弾けたからなんとかなるおw」

ξ゚ー゚)ξ「…まあ、あんたがそういうなら大丈夫でしょ。楽しみにしてるわよ」

( ^ω^)「お?ツンも聴きに来るのかお?」

ξ///)ξ「べ、別にあんたのために行くんじゃないんだからね!久しぶりに文化祭に行きたいだけなんだから!!」

(*゚ー゚) (ツンデレ乙)

( ^ω^)(典型的ツンデレだお…)

13 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:28:35
というわけで次の日

( ・∀・)「というわけで次の日の放課後なわけだが」

( ^ω^)「ん?なんですかお?」

( ・∀・)「なんでもないさ。ところでちゃんと練習はしたかい?」

( ^ω^)「もちろんやってきましたお」

( ・∀・)「よーしよし。そしたら、早速始めようか」

14 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:30:39
ピアノからA(ラ)の音をもらいチェロがチューニングをする。
その間にモララーが軽くスケール(音階)を奏でる。


( ・∀・)「いいかな?」

( ^ω^)「大丈夫ですお」

一呼吸おいたあと、モララーはペザンテ気味、しかし徐々に音を絞りながら下降音を鳴らす、そこへブーンが颯爽と軽快なリズムでチェロを鳴らしていく。


アレグロ・アパッショナート

チェリストにとってはレパートリーから切っても切り離せない重要な曲。

アレグロは快速に・陽気に、アパッショナートは情熱的にという意味。
チェロの速い連符が特徴で、難易度の高さ、曲の良さ、また印象深さからアマチュアのチェリストの目標の一つでもある。

*ペザンテ…重々しくという意味

15 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:31:41
なんて説明してる間に1度通し終えましたとな

( ・∀・)「なかなかうまいじゃないか、内藤くん。流石音大に行くとかなりうまくなるようだね。高校のときとは大違いだよ」

( ^ω^)「ありがとうですお。とはいっても1年くらいまともに練習してなかったから、全然指が動きませんですお」

( ・∀・)「いやいや、これだけ弾ければ30日の文化祭には十分間に合うだろう」

( ^ω^)「モララー先生もすごいですお。ピアノの腕がまったく落ちてないじゃないですかおW」

( ・∀・)「まあ、校長は暇なんだよ。はっはっは…。ところで速さはこのくらいでいいかな?」

( ^ω^)「お、お、速さはいいですお。でも、最初の和音はもっと劇的にほしいですお」

( ・∀・)「そうかい?ちょっとやりすぎかと思ったが…。君がそう思うのならそうしようかね。これは君の演奏会だ」

( ^ω^)「そしたら何回かはじめの入りの部分をやらせてもらっていいですかお?」

( ・∀・)「よしわかった」

16 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:32:55
以下同じようなことの繰り返し…

で、最後まで一通り終わりましたとな。

( ・∀・)「こんなところでいいのかな」

( ^ω^)「いいですお。タイミングとかも大方つかめるようになりましたお」

( ・∀・)「なら大丈夫だな。さすがにもう1,2回合わせる必要があると思うが…」

( ^ω^)「そしたら…、28,29は大丈夫ですかお?」

( ・∀・)「29日は準備やらなんやらで忙しいから難しいな。28日と30日の朝にしようか。それでいいかい?」

( ^ω^)「おKですお。そしたらそれまでには完璧にしときますお」

( ・∀・)「私ももうちょっと君の解釈に合うように練習しとくよ。そしたら28日の放課後ここでね」

( ^ω^)「今日はありがとうございましたお」

( ・∀・)「ふぅ…久しぶりに弾けて楽しかったよ。そしたら今日はこの辺でお開きにしようか」

( ^ω^)「はいですお」

17 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:34:59
夜なんです( ><)



ξ゚⊿゚)ξ「久しぶりの練習はどうだった?」

( ^ω^)「全然指が動かなかったお。でも、他の楽器と合わせるのはすごく楽しいお」

ξ゚⊿゚)ξ「それはよかったわね」

( ^ω^)「次は先生に迷惑かけないよう、完璧に弾けるよう頑張って練習するお」

ξ゚⊿゚)ξ「頑張りなさいよ。応援してるから」

( ^ω^)「任せるお!」

ξ゚⊿゚)ξ「いい返事ね。今日はブーンの好きなツン様特製ごった煮カレーよ」

( ^ω^)「いっつも思うけどそのネーミングはないと思うお…」

ξ♯゚⊿゚)ξ「なにか文句ある?」

(;^ω^)「な、ないですお!」

ξ゚ー゚)ξ「ならよろしい」

18 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:37:01
またちょっと飛んで8月27日木曜日 放課後部活



( ^ω^)「今日はこれで終わりにするお」

(`・ω・´)「起立、礼!」

「「ありがとうございました!!」」

( ^ω^)「お、お、また明日だお」




ζ(゚ー゚*ζ「せんせー、練習やってますか??」

( ^ω^)「デレさんに言われずともちゃんとやってるお」

ζ(゚ー゚*ζ「ならいいんですけどね。なにを弾くんですか?」

( ^ω^)「知りたいかお?」

ζ(゚ー゚*ζ「はい!」

( ^ω^)「それは…秘密だおwww」

19 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:38:03
ζ(゚ー゚*ζ「教えてくださいよー」

( ^ω^)「ダメなものはダメだお。それよりもう下校完了時間まで15分しかないけど、片づけは終わったのかお?」

Σζ(゚ー゚*ζ「!まだです!!」

( ^ω^)「そしたら急ぐお。今日の戸締まりはしぃ先生だからきっちり時間通りに閉めるお」

ζ(゚ー゚*ζ「げげ!?そ、そしたらさようなら先生!!」

( ^ω^)「お、お、気をつけて帰るおー」



( ^ω^)「さて、みんな帰ったし練習をはじめるかお」

20 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:39:26
8月28日金曜日 放課後

( ・∀・)「やあやあ、待たせたね内藤くん。ウォーミングアップは十二分かな?」

( ^ω^)「はいですお。…モララー先生、仕事が忙しいんじゃないのかお?」

( ・∀・)「ん?どうしてだい?」

( ^ω^)「だって、なんか今日は出張で朝礼来られなかったし、昼帰ってきてからもずーっと校長室にこもりきりですお」

( ・∀・)「あー、あー、それはね…」

21 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:40:22


( ・∀・)「ん、今日はマジカル少女ワタナベちゃんの初回限定DVD第1段発売日じゃないか」

( -∀-)「…」

ピポパポ… プルルルルル プルルrガチャ

(    )「もしもし、私だ、モララーだ。昨日の夜急にラウンジ高のフォックス校長から電話があってね
      うんうん。それで午前中そちらに行ってくるからよろしく。そしたら」

ガチャ

( -∀-)

ピポパポ… プルルルルル プルルルルル プrガチャ

(  )「もしもし、フォックスかい?今日午前中そっちにいることになってるから。ああ、ワタナベちゃんだよ
     そういうなって今度DVD貸すからさ。そういうわけだから頼んだよ」

ガチャ

( ・∀・)「よし」

22 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:41:46
( ・∀・)「というわけさ」

( ^ω^)「ということは昼からは…」

( ・∀・)「もちろん鑑賞会さ」

( ^ω^)「あんた校長辞めろお」

( ・∀・)「まあまあ、これくらいしか楽しみがないのだからいいだろう」

( ^ω^)「いや…ダメだと思うお、校長的に考えて…」

( ・∀・)「…」

( ^ω^)「…」

( ・∀・)「…よし、そしたら始めようか」

( ^ω^)(強引に変えたなこの人)
( ^ω^)「そしたら今日も最初から通しでおkですか?」

( ・∀・)「どんとこい」

( ^ω^)「その前にチューニングですお。Aの音くださいお」

23 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:42:48
( ^ω^)作者の手抜きだお。キングクリムゾンだお。

24 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:43:39
というわけで8月30日になりました

( ^ω^)「それにしてもこの作者手抜きすぎだお」

( ^ω^)つ□「お?」

( ^ω^)つ□「音楽を言葉で表現するのは難しい」

( ^ω^)「ならはじめからやるなお…」



ごめんなさいなんです( ><)

25 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:44:44
気を取り直して8月30日の朝

( ^ω^)「今日は文化祭始まったら練習できないから朝早く来て練習だお」

( ・∀・)「というわけで朝の6時なんだが…もう生徒がきて準備しているんだね…」

( ^ω^)「3年は最後の文化祭だから大張りきりなんですお」

( ・∀・)「いやー校長としてはうれしい限りだな」

( ^ω^)「僕たちも頑張りますお」

( ・∀・)「そうだね。そしたら最後のチェックだ。軽く何回か通しでやって、あとは本番に備えるとしようかね」

( ^ω^)「はいですお」



そして…

26 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:45:34
ステージ舞台袖

ブーンたちの出番まであと2組となったころ…

( ^ω^)「お…、さすがに緊張しますお」

( ・∀・)「そうだね…」

( ^ω^)「…もしかして先生も結構してますかお?」

( ・∀・)「あたりまえだろ…人前で、しかもステージでなんて何十年ぶりだと思ってるんだ」

( ^ω^)「…お、終わったみたいですお」

アナウンス『次はVIP高校有志による「vip star」です』

( ^ω^)「いよいよ次ですお」

( ・∀・)「ここまできたらあとは気合で乗り切るしかないさ」

( ^ω^)「モララー先生頑張りましょう」

( ・∀・)「ふふふ…それはこっちのセリフだよブーンくん。お互いに全力を出し切ろうじゃないか」

アナウンス『次は音楽科のブーン先生とモララー校長先生による演奏です。曲はサンサース作曲アレグロアパッショナートです』

( ^ω^)「…」

( ・∀・)「…さて、楽しもうじゃないか」

( ^ω^)「はいですお」

27 : ◆06NY4sFIG.:2008/09/08(月) 23:46:38
拍手で迎えられる2人。
モララーは深々と、ブーンは軽めに、それぞれ頭を礼をして椅子に座る。
静まり返る体育館。

2人は短くアイコンタクトを取り、モララーの指が鍵盤に軽く触れる。






音楽が始まった





End

28 : ◆WTcPt8rFq.:2008/09/08(月) 23:55:10
これで終わりです


2人のイメージはこの2つを足して割った感じです(外見とか)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=fsol25ELXC0&feature=related
ttp://jp.youtube.com/watch?v=zIPeM14g_k4&feature=related


演奏に関しては皆さんのお好きな解釈で…


[ 2008/09/11 19:09 ] 夏祭りまとめ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。