ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

/ ゚、。 /は峠に行くようです   前半

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:03:08.99 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「暑い……」


俺は一人、駐車場のアスファルトの上に仰向けに寝転がりながら呟いた。
この糞暑い日に革のツナギとは大層なことで。
恐ろしい程の通気性の悪さで、恐らくトランクスまで汗でグッショリだろう。



―――― / ゚、。 /は峠に行くようです ――――




傾きかけの太陽の下、暫く一人でウダウダそうしていると、
どこからか直4エンジンの"フォーン"という乾いた排気音が響いてきた。
その音はだんだんと俺に近づいてきて、やがてすぐ近くでピタッと止んだ。


川 ゚ -゚) 「もう来ていたのか、ダイオード」


そのバイクから降りてきた女は、寝転がっている俺の顔を上から覗き込みながらそう言った。


※直4エンジン:直列4気筒エンジンの略。シリンダーが4つ直列に並んでいるエンジン。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:06:29.80 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「よう、クー」

川 ゚ -゚) 「革ツナギとは随分と暑そうだな」

/ ゚、。 /「そう言うお前も着てんじゃねぇか」

川 ゚ -゚) 「まあ、私はまだお前達ほど上手くはないからな」


そう言いながら、クーはヘルメットを脱ぎ、フゥ~と一つ長い溜息を吐く。


川 ゚ -゚)「ジョルジュはまだ来ないのか?」

/ ゚、。 /「あぁ」


しかし噂をすればなんとやらで、俺がそう答えたと同時に、
今度は"パァァァーー"という2stエンジン独特の甲高い排気音が聞こえてきた。
そしてその音も、じきに俺達が居る峠の頂上付近の駐車場にやって来た。

  _
( ゚∀゚)「よう、待たしたな」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:09:10.42 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「遅ェよ、ジョルジュ」
  _
( ゚∀゚)「つか、何でそんな暑苦しい格好してるんだ?」

川 ゚ -゚)「安全の為だ」
  _
( ゚∀゚)「まァ、クーは下手糞だからな」

川 ゚ -゚)「ストレートに酷いことを言うな、君は」
  _
( ゚∀゚)「で、そっちの野郎は何で?」

/ ゚、。 /「言うな、少し後悔してるんだから。
      それにクーの言うとおり安全なんだからいいじゃないか」
  _
( ゚∀゚)「確かにそうだわなw」


ヘラヘラと笑いながらジョルジュは言う。
そんなジョルジュを視界の隅に収めつつ俺は立ち上がり、
アスファルトの上に転がしてあったヘルメットを手に取った。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:12:10.75 ID:5i2cdT2X0

日の光に晒されていたヘルメットは熱を帯びていて、被るのが少し躊躇われた。
しかし、そんなことを言っていては此処に来た意味が無い。
俺は意を決して、ヘルメットに頭を押し込んだ。

案の定、頭だけサウナに入ったようだ。


/ ゚、。 /「じゃあやるか」


ジョルジュに向かってそう言って、俺は愛車のRGV250Γのエンジンを掛け、グローブを着けた。

  _
( ゚∀゚)「よっしゃ、じゃあ何時も通り、負けたらジュース奢りな」

/ ゚、。 /「おk、望むところだ」


俺達はクラッチを繋ぎ、横並びになって峠道に繰り出して行った。


※2stエンジン:2ストロークエンジンの略。簡素な構造と一回転に一度の爆発間隔が特徴。
※NSR350R:ホンダのレーサーレプリカ。250cc。
※RGV250Γ:スズキのレーサーレプリカ。250cc。


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:15:08.18 ID:5i2cdT2X0
     ・     ・     ・

左コーナーが目前に迫り、伏せていた上体を起こす。
途端に、空気のカベが俺を後ろに吹き飛ばそうとする。

前のコーナーで、一度俺を抜いたジョルジュを追い越し、今は俺が前に出ている。

ジワッとブレーキレバーを引く。
フロントサスペンションが沈み込み、路面の状態を教えてくれる。
今度は減速Gが、俺を前方に振り落とそうとするが、それをニーグリップで抑え込んで、
倒し込みのタイミングを探る。

ジョルジュは立ち上がり重視のラインを取り、インから俺の前に飛び出していった。

  _
( ゚∀゚)「うォらァァアア!」


センターラインぎりぎりからブレーキを緩める。
それと同時に左ステップを踏み込み、ハンドルを一瞬右にこじる。
車体は倒れるように綺麗に寝て、左コーナーを旋回していく。


※ニーグリップ:タンクを両膝で挟むことによって、体を支える。
※ライン:走行ライン。タイヤの通る道だとでも解釈してくれ。
※イン・アウト:コーナーの内側と外側。


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:18:06.42 ID:5i2cdT2X0
ラインをクロスさせ、ブレーキを完全にリリースし、コーナーの丁度真ん中辺りから、
徐々にスロットルを開けていく。
荷重がリアに移り、リアサスペンションが沈んでいく。
荷重を受けたリアタイアは、路面を掴みさらにグイグイと車体を旋回させる。

再びラインがクロスする。

車体がやや起き上がったところでフルスロットルを与える。
ここで再び俺とジョルジュは横並びになった。

次は緩い右コーナーが迫る。
インを突いた俺は立ち上がりでジョルジュの前に出た。


/ ゚、。 /「しゃあ!」


ジョルジュは俺の後ろをピッタリと追走する。
S字コーナー、左ヘアピンをそのまま駆け抜け、緩い右コーナー。
インを突こうとするジョルジュを押さえて、更に右コーナー。
立ち上がりはほぼ同時で、ここで再び横並びになる。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:21:07.54 ID:5i2cdT2X0
  _
( ゚∀゚)「うりャァァアア!」


次いで左コーナー。
下りだと出口に向かってRがきつくなる厄介なコーナーだ。
既にインに居るジョルジュは俺を抑え、コーナーを抜ける。

  _
( ゚∀゚)「やりィ!」

/ ゚、。 /「畜生」


俺はヘルメットの中で悪態を吐き、シールド越しに次のコーナーを睨みつける。
アクセルを閉じてブレーキング、シフトダウン。
抜かれたらまた抜き返してやるさ。

インを突こうとする俺をジョルジュは抑える。
ならば今度はアウトから。
矢継ぎ早に迫るコーナーを、俺達は矢のように駆けて行った。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:24:07.89 ID:5i2cdT2X0
     ・     ・     ・

/ ゚、。 /「あ、コーラ切れてんじゃねぇか」


峠を下ったところにまたある駐車場。
そこに一つしかない自販機のコーラのボタンには、『売り切れ』の文字が赤く光っていた。
仕方が無いので、俺はスポーツドリンクと、ジョルジュに頼まれたコーヒーを買う。

結局あの後ジョルジュを一度追い抜いたのだが、再び抜かれ、そのまま抑えられて負けてしまった。


川 ゚ -゚)「私はお茶にでもするか」


そう言いながら、クーは俺が買った後に自販機でお茶を買っていた。
クーはまだ俺達と張り合えるようなレベルじゃないので、俺達の賭けには参加してない。
今日も、俺達がゴールした大分後にこの駐車場に着いたのだった。


/ ゚、。 /「ほらよ」
  _
( ゚∀゚)「おう、サンキュ」


俺はアスファルトの上に直に胡坐をかいていたジョルジュに向かってコーヒーを投げ、すぐ近くの車止めに腰掛けた。
プシュッ、と軽い音を立てて缶を開ける。
既に喉はカラッカラだったので、俺はゴクゴクと音を立て一気に飲み干した。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:27:09.24 ID:5i2cdT2X0

クーは自分の愛車、CB400SFに寄りかかり、俺等を眺めながらお茶のペットボトルの栓を開ける。
そして一口飲んだ後、おもむろに口を開いた。


川 ゚ -゚)「しかし早いな君達は」

/ ゚、。 /「いや、喉が渇いてたから」

川 ゚ -゚)「そっちじゃない、バイクのことだ」


首を横に振りながらクーは言う。

  _
( ゚∀゚)「なんだ? 改まって」

川 ゚ -゚)「いや、今日こそはと思ってしゃかりきになって飛ばしたんだがな。
     サッパリ着いていけなかったよ」

/ ゚、。 /「クーもどんどん上手くなってると思うよ」

川 ゚ -゚)「そうか? 嬉しいことを言ってくれるな」
  _
( ゚∀゚)「でも気ィつけろよ」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:30:07.26 ID:5i2cdT2X0

空になったコーヒーの缶をゴミ箱に放り投げるジョルジュ。
その空き缶は綺麗な放物線を描いたのだが、ゴミ箱の口に弾かれ、あさっての方向に飛んでいってしまった。
仕方なしにジョルジュは立ち上がり、それを拾いに行きながら話しを続ける。

  _
( ゚∀゚)「俺達はこれでもまだ余裕をもってやってんだからな。
     絶対に無茶な走りはするんじゃねェぞ?」

川 ゚ -゚)「大丈夫だ。そこのところは充分心得ている」
  _
( ゚∀゚)「ならいいんだけどよ。
     ……あれ、内藤さん」


ジョルジュが空き缶を拾い、顔を上げるとそこに一人の男が立っていた。


( ^ω^)「おいすー」


愛想の良い笑顔を向ける恰幅のいい男。
この人もこの峠の常連で、近くでバイク屋の店主をしている。
俺達もいろいろとお世話になっている人だ。

  _
( ゚∀゚)「一人でどうしたんですか?」

( ^ω^)「君達が居るかもしれないと思って来たんだお」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:33:32.66 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「俺達が、ですか?」


怪訝な顔をする俺やジョルジュ、クーを見回して内藤さんは話し始める。


( ^ω^)「最近、おかしな奴がこの峠に出るんだお。君達はもう聞いたことがあるかお?」

/ ゚、。 /「おかしな奴ですか……初耳ですね」

( ^ω^)「そうかお……丁度2週間くらい前からなんだお、そいつが出るのは。
       僕の仲間が一人でここを攻めてたとき、そいつが急に現れて、執拗に煽られたらしいんだお。
       それに頭に来て、振り切ろうとして飛ばしたら、そいつも追ってきて……」

( ^ω^)「右コーナーでインに着かれたそうだお
       それで、そいつはあるタイミングで急にアウトに寄ってきたらしいんだお。
       結果、僕の仲間はガードレールに突っ込む羽目になったんだお」

/ ゚、。 /「……酷い話ですね」

( ^ω^)「幸い、突っ込む前にバイクを投げ出したお陰で、彼は軽傷ですんだけど、
       バイクはグチャグチャだったお。
       彼は言っていたお」

( メ・∀・)『気付いたら、止まることも曲がることも出来なくなってた。
      アイツはそういうギリギリのタイミングを知っているんだと思う。
      一歩間違えば自分もガードレールに刺さるだろう。恐ろしいテクニックだ。
      そんなことをやるなんて、最低の糞野郎だよ』



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:36:27.63 ID:5i2cdT2X0

( ^ω^)「って。本当に、これはただの犯罪者だお」
  _
( ゚∀゚)「とんでもねェカス野郎だな。死人が出てもおかしくねェぞ」


しかめっ面をしてジョルジュは言う。


( ^ω^)「今のところ、4人がやられていて、重傷を負った人もいるお。
       僕の仲間の時みたいに煽ってくるときもあれば、
       急にコーナーで現れてインを突いてそのままドカン、ってパターンもあるらしいお。
       君達も、気をつけるお」


最後の言葉は語気を強めて、内藤さんは言った。


川 ゚ -゚)「気をつけろとは、どうすればいいんですか?」

( ^ω^)「横に現れたら、すぐに止まるぐらいに減速することだお。
       とにかく、張り合おうとしちゃ駄目だお。
       特に、ダイオード君とジョルジュ君は上手いのはわかっているけど、
       挑発に乗ったりしないようにするお」

/ ゚、。 /「わかりました。ソイツは何に乗ってるんですか?」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:39:15.26 ID:5i2cdT2X0

( ^ω^)「黄色いYZF-R6らしいお。
       それに黄色いヘルメットでかなり目立つらしいから、すぐにわかると思うお」
  _
( ゚∀゚)「とことん悪趣味な野郎ってことだな」

( ^ω^)「じゃあ、伝えることは伝えたから僕はもう帰るお。
       気をつけるんだお」
  _
( ゚∀゚)「有難う御座いました」

( ^ω^)「いえいえ、だお」


そう言いながら内藤さんは近くに停めてあった自分の軽トラに乗り込み、
最後に窓から俺達に向かって手を振って、行ってしまった。


川 ゚ -゚)「物騒な話だな」


内藤さんの軽トラが峠道に消えていく様を見詰めながら、クーは呟く。

  _
( ゚∀゚)「内藤さんがわざわざ忠告に来たっちゅうことは、よっぽどのことなんだろうな」

/ ゚、。 /「そうなんだろうな」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:42:05.68 ID:5i2cdT2X0

川 ゚ -゚)「まあ、だからって変なことは考えないでくれよ?」

/ ゚、。 /「変なことって?」

川 ゚ -゚)「とっ捕まえてやろう! とか」
  _
( ゚∀゚)「へ、そんな物好きなことしねェよ」


そう言うと、ジョルジュは自分のバイクのミラーに引っ掛けてあったヘルメットに手を掛けた。

  _
( ゚∀゚)「じゃ、気をつけるってことで。とにかく走ろうぜッ!
     よく考えたら、俺達まだ殆ど走ってねェじゃねェか」

/ ゚、。 /「……そうだな」


俺は立ち上がり、空き缶をゴミ箱に向かって放った。
そして傍らに置いてあったヘルメットを被り、愛車に跨る。
エンジンは唸りを上げ、再び走れることを喜んでいるようにも見えた。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:45:04.55 ID:5i2cdT2X0
  _
( ゚∀゚)「しゃ、行くぞ~」

川 ゚ -゚)「ああ」


ジョルジュを先頭に、3台のオートバイは夕方の峠道に繰り出して行く。
今度はお互い張り合わず、各々自分のペースで走り始める。

俺は走りながら、内藤さんのさっきの話を頭の中で転がしていた。
まあ、現実味のある話じゃないよなぁ……苦笑いしながら、俺はヘルメットの中で呟く。

でも、内藤さんのあの真剣な顔を思い出すと、何か不安のようなものも覚えた。
胸がザワつく。
何か悪い予感がする。
もっとも、俺の予感なんてもの、当たったためしは無いのだが。

そんなことを考えていたら、いつの間にかペースが落ちていて、気付いたらクーと一緒にチンタラ走っていた。
ん~、あまり気にしないようにするべきか?
内藤さんには少し申し訳ないけど。
遠くからは、ジョルジュが攻める"パァァァーー"という威勢のいい音が聞こえてきた。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:48:17.19 ID:5i2cdT2X0
     ・     ・     ・

川 ゚ -゚)「今日は走りに行くかい?」


次の日の高校の放課後、クーは相変わらずの仏頂面で俺の前に現れ、開口一番そう言った。
最近装備を揃えて峠デビューを果たしたクーは、どうにも燃えているらしい。
これで連続3日目だ。

俺は机の上に広げたバイク雑誌の上に突っ伏したまま、「どうしようぇ~…」と呻いた。


川 ゚ -゚)「どうした、死人のような声を出して」

/ ゚、。 /「暑うぇ」


そう、今日は胸糞悪いほど暑いのだ。なんか幽霊とか普通に出てきそうだ。
こんな暑い日にわざわざ暑苦しい格好して峠に行くのも、なんだかなぁ……


川 ゚ -゚)「じゃあダイオードは行かないんだな?」

/ ゚、。 /「どうしようぇ~…」

川 ゚ -゚)「う~む……ジョルジュはどうだ?」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:51:05.35 ID:5i2cdT2X0

煮え切らない返事しかしない俺に愛想を尽かし、クーは俺の斜め後ろの席のジョルジに声を掛けた。
ジョルジュは机の上に足を投げ出し、下敷きで顔をパタパタ仰ぎながら暫く悩んでいた。

  _
( ゚∀゚)「ん~……」

川 ゚ -゚)「どうだ?」
  _
( ゚∀゚)「ダイオードも行かねェんなら、パス」

川 ゚ -゚)「そうか……」


ジョルジュの答えに、少し落胆にた様子でクーは呟く。


川 ゚ -゚)「なら仕方が無い、一人で行くとするか」

/ ゚、。 /「そううぇ……あ゙」


俺はふとあることを思い出し、顔を上げてクーの方を向いた。
忘れようか忘れまいか昨日悩んで、結局忘れ切れなかったそれを。
汗で頬にくっ付いていた雑誌のページが、ビリッと音を立てて破けた。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:54:16.89 ID:5i2cdT2X0

川 ゚ -゚)「? 何だ?」

/ ゚、。 /「内藤さんが言ってたアレ、気をつけろよ」

川 ゚ -゚)「それか。大丈夫だよ」

/ ゚、。 /「……」

川 ゚ -゚)「何だ、私の顔に何か付いているのか?」


暫くの沈黙。


/ ゚、。 /「やっぱ俺も行くわ」

川 ゚ -゚)「…どういう風の吹き回しだ?」

/ ゚、。 /「何か、嫌な予感がするんだ」


クーは怪訝そうな面持ちで俺の顔を覗き込む。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 21:57:04.70 ID:5i2cdT2X0

川 ゚ -゚)「……何だそれは」

/ ゚、。 /「いや、なんとなくそんな感じが…」
  _
( ゚∀゚)「何だテメェ超能力者にでもなったつもりか?」


後ろでジョルジュが喚いた。


/ ゚、。 /「そんな予感、当たりっこないのはわかってるさ。
      俺は超能力者でも霊能力者でもないからな。
      だけどまあ、そんな予感がしたときぐらい一緒に行くのも悪くは無いと思わないか?」
  _
( ゚∀゚)「なんだそれ」

/ ゚、。 /「よし、じゃあジョルジュも行くぞ」
  _
( ゚∀゚)「え、俺……」


眉を顰めながら、ジョルジュは俺とクーの顔に交互に視線を向ける。

  _
( ゚∀゚)「まあ、ダイオードも行くって言うんなら俺も行こうかね」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:00:20.00 ID:5i2cdT2X0
     ・     ・     ・

/ ゚、。 /「あ゙~暑い」


やっぱりやめときゃ良かった……
照りつける太陽を恨めしく思いながら俺はぼやいた。
今日は反省して夏用ジャケットを着てきたが、それでも気温より涼しくはならない。


/ ゚、。 /「はぁ……」


溜息を一つ吐く。
いらない心配を勝手にして、挙句こんな後悔してるんだからな……
そう思うと、どこからか自嘲的な笑いが込み上げてきて、気色悪くもヘルメットの中でヘラヘラ笑ってしまった。
何だよ、悪い予感って。

とにかく暑さにダレていて集中力が湧かないものだから、俺はクーの後ろをゆっくり走っていた。

しかし、俺からすればゆっくりと言えるペースだが、クーは結構頑張っているのだろう。
前を走るクーの背中から、懸命さが伝わってくる。
いつも無表情で、顔からは何を考えてるのか今一つわかり辛いクーも、成る程、背中を見りゃわかるのか。



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:03:09.82 ID:5i2cdT2X0

そんなことを考えながら左コーナーを回る。
何処かぎこちなさを感じるクーのフォーム。

コーナーを抜ける。
前の方から、ジョルジュのNSRの弾けるような排気音が聞こえる。
調子よく走っているジョルジュとすれ違うのは、これで何度目だろうか。

次の右コーナーが迫ってくる。
一層大きく聞こえてくるジョルジュの音。
それに混じって、後ろから聞こえてきたのは、どこかレーシングエンジンっぽさのある悲鳴の様な排気音。

なんか耳障りだ。聞きなれない音だな……?

不思議に思ってサイドミラーに目を遣る。

映っていたのは…………黄色い車体?

ソイツは、ペースの遅い俺を容易に抜かしていく。

目の前に現れたソイツの頭に、はっきり見えたのは黄色いヘルメット――

ソイツはコーナー手前でクーの右側、イン側に滑り込む。

横並び――

さっきまであれほど暑かったはずなのに、気味の悪い寒さが全身を包んだ。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:06:09.41 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「クー!! 止まれぇぇぇえええ!!」


俺は咄嗟に、喉を痛めそうなくらいの大声で叫んだ。

その声は届いたのか、いや届いていないだろう、何せ4台ものバイクの騒音の中だ。
畜生……
冷や汗が頬を伝う。


川 ゚ -゚)「!?」


しかし、クーはブレーキを掛けた。

鋭く光を放つCBのテールランプ。
減速を始める車体。

だが、黄色野郎も速度を合わせる。
黄色野郎のバイクはタイヤ半分だけ前に出て、左、クーの方ににじり寄る。

最悪の結果が脳裏をよぎる――

が、強いブレーキングにより、クーはコーナー入り口で充分速度を落としていた。
良かった、これなら止まれる。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:09:13.47 ID:5i2cdT2X0

黄色野郎もそれを把握したのか、諦めたようで、スロットルを開けコーナーに侵入していく。
俺はクーに追突しないように減速しながら、心の中でホッと胸を撫で下ろした。


――――束の間、"キャッ"という心臓に悪い耳障りな音が響いた。

同時に、CBのリアタイヤが激しく横滑りし始める。
恐らく、クーはリアブレーキを強く掛けすぎたのだろう。

糞、頼むから収まってくれ……!

心臓が縮み上がるような感覚を覚えながら、俺はひたすら祈った。
ただ祈ることしか出来ない悔しさに歯噛みしながら。

しかしそんな祈りも虚しく、目の前でクーの操るCBは遂にバランスを崩す。


/ ゚、。 /「糞ッ!」


投げ出されるクーの体。
思わず目を背けそうになる。
火花を散らし、アスファルトの上を滑っていくバイク。
そのままバイクは、カードレールに"ガシャ"と音を立ててぶつかった。

糞、糞、あの野郎……!



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:12:27.98 ID:5i2cdT2X0

俺はすぐにバイクを停め、クーの元に駆け寄ろうとする。
そのとき丁度、反対側からジョルジュが現れた。

ジョルジュは転がったバイク、倒れているクー、俺を見回す。
何が起きたか咄嗟に理解したのか、ジョルジュはすぐに急停止した。

  _
(#゚∀゚)「野郎ォォォオオオ!!!」


この喧騒の中でもハッキリ聞こえる程の大声を張り上げるジョルジュ。
そしてアクセルターンを極め、急加速して来た道を戻っていく。
恐らく、すれ違ったばかりのあの黄色野郎を追っていったのだろう。


/ ゚、。 /「クー! 大丈夫か!?」

川 ゚ -゚)「ああ。ちょっと手を貸してくれ」


「ほら」と俺は右手を差し出す。
すると、クーはその手を取り、若干ふらつきながらも立ち上がった。



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:15:15.80 ID:5i2cdT2X0

「ほら」と俺は右手を差し出す。
すると、クーはその手を取り、若干ふらつきながらも立ち上がった。


/ ゚、。 /「よかった、とりあえずは大丈夫そうだな」

川 ゚ -゚)「ああ。速度も出てなかったし、ハイサイドにもならなかった。
     それに上手くバイクから逃げれたしな。
     ちょっと腰を打った程度だ」


そう言うと、クーは腰を擦りながら自分のバイクへと歩み寄っていく。
エンジンが掛かったままの車体は細かく振動し、リアタイヤは虚しく宙を掻いていた。


川 ゚ -゚)「……手伝ってくれるか?」

/ ゚、。 /「いや、俺一人で充分だ。怪我人はさがってろ」


俺はエンジンを止め、腰を落としクーのバイクに手を掛けると、一気に引き起こした。
車体の下にはフロートから漏れ出たガソリンで水溜りが出来ていた。
漂う刺激臭が鼻を突く。


川 ゚ -゚)「すまないな。どうだ?」


※フロート:エンジンに送り込むガソリンを溜めておくところ。


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:18:10.04 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「……ああ、自走出来そうだな」


俺は破損箇所を調べながら答えた。
念の為にとクーが着けていたエンジンガードが活躍したようで、走行に支障をきたす様な損傷は見られなかった。


川 ゚ -゚)「そうか。それは良かった」


おかしな方向を向いたサイドミラーを直しながら、淡白にクーは言う。


/ ゚、。 /「よくねぇよ」


クーの横顔を見詰めながら俺は呟いた。
いいわけないだろ。
その声はクーに届いていたようで、クーはミラーの擦り傷から俺の顔に視線を移した。


/ ゚、。 /「よくねぇ。あの野郎、ジョルジュがとっ捕まえてきたら……」

川 ゚ -゚)「……顔が怖いぞ、ダイオード」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:21:09.27 ID:5i2cdT2X0

そう言いながら、クーは自分の眉間を指でトントンと突いて見せる。
気付かぬ内に、怒りで皺が寄っていたようだ。
しかし俺は更に眉間の皺を深くして見せる。
するとクーは呆れ顔をし、一つ溜息を吐いた。


川 ゚ -゚)「……私が今一番懸念しているのは、自分の体でもバイクでもなくて、君達なのだが。
     怒りに任せて危ないことをするのはやめてくれ。
     自分の心配もままならないぞ」

/ ゚、。 /「でもよ……」

川 ゚ -゚)「追っていったジョルジュのことも心配だ。何も無ければいいが」


「でも」ともう一度俺が言おうとした丁度その時、ジョルジュがコーナーの向こうから現れた。
低回転でトロトロ走っていたようで、音がいつもよりずっと静かだった。

  _
(#゚∀゚)「畜生、あの野郎!」


バイクを停め、降りると同時にジョルジュは叫ぶ。
そして、心成しか左足を引きずるような歩き方で俺とクーに近寄ってきた。


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:24:08.15 ID:5i2cdT2X0
  _
( ゚∀゚)「クー、大丈夫か?」

川 ゚ -゚)「ああ、ちょっと革ツナギを痛めた程度だ。高かったのにな」

/ ゚、。 /「ジョルジュ、どうだった?」
  _
( ゚∀゚)「どうもこうもねェよ、畜生」


ジョルジュはヘルメットを脱ぎながらそう言い捨てる。

  _
( ゚∀゚)「追い駆けてったら、チンタラ走ってたみてェで、すぐに追いついたんだよ。
     で、『この糞野郎ッ!』とか言いながら次のコーナーでインを突いて抜かしたんだよ。
     だけど上りだったからパワー負けして、それで抜かされそうになったんだけど……」


手でジョスチャーを加えながらジョルジュは話す。

  _
( ゚∀゚)「あの野郎、抜かさないで俺の横にピッタリ着いてきやがった。
     今思えば、ブレーキ掛けて離れるべきだったのかもしれねェ。
     でも俺は頭に血が上ってて、そのまま必死になってアクセル開けてたんだよ」


右手首をクイクイッと捻って、アクセルを開ける手つきを真似して見せる。



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:27:32.47 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「それで?」
  _
( ゚∀゚)「で、次の右コーナーでだ、あの野郎急に俺の方に寄ってきやがって、
     危なくガードレールに突っ込むところだった。
     そんで、俺は咄嗟にガードレールを蹴っ飛ばして何とか立て直したんだよ」

川 ゚ -゚)「無茶をするな、君は」
  _
( ゚∀゚)「だけどお陰で足痛ェし、野郎に逃げられるし最悪だよ」

/ ゚、。 /「だからさっきから歩き方が変なのか」


ジョルジュはぶっきらぼうに「そうだ」とだけ答える。
余程悔しかったのだろう、ジョルジュは苦虫を噛み潰したような顔をしていた。

  _
( ゚∀゚)「クソッ、もうちょい冷静だったら曲がれたのに」

/ ゚、。 /「曲がれた?」
  _
( ゚∀゚)「ああ。冷静だったら、あれでもガードレールに突っ込まないでギリギリ曲がれたはずだ。
     野郎かなりの腕だったが、純粋にコーナー曲がるだけならマシンも技量も俺の方が上だ。
     コーナリングじゃ600ccよりも軽い2st250ccの方がよっぽど有利だしな」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:30:50.51 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「そうか……」
  _
( ゚∀゚)「俺が曲がれたっていうことは、お前も大丈夫なはずだ。
     次に見つけたら……」


そうジョルジュが言いかけたとき、珍しくクーが声を荒げた。


川 ゚ -゚)「だから危ないことはしないでくれと言っているだろう!」


俺もジョルジュも驚いてクーの方を見る。
その顔こそいつもと変わらない無表情だったが、怒っているのだけは伝わってきた。

俺とジョルジュは顔を見合わせる。
こんなことは滅多に無い。それにジョルジュは俺とクーのやりとりを見ていない。
ジョルジュは「なんなんだ?」と目で俺に問いかけてくる。

俺は答えに詰まってしまった。
気まずい沈黙が辺りを包む。

それを破ったのは、俺でもクーでもジョルジュでも無く、1台の車だった。


<#`∀´>「何処に突っ立ってるニダー! 危ないニダー!」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:33:06.84 ID:5i2cdT2X0

運転手はクラクションを鳴らしながら、窓から顔を出して怒号を飛ばす。

思えば、俺達はずっと道の真ん中に居たのだ。
3台もオートバイを並べて。
滅多に車の通らない場所なので、そのことをうっかり忘れていた。


/ ゚、。 /「クー、運転出来るか?」


俺はファビョる運転手を無視してクーに声を掛ける。


川 ゚ -゚)「ああ、大丈夫だ」


腰を一捻りしてクーは答えた。


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:36:05.32 ID:5i2cdT2X0
  _
( ゚∀゚)「これからどうする?」

/ ゚、。 /「……流石に走るってわけにはいかないな。解散するか」
  _
( ゚∀゚)「わかった」

<#`∀´>「さっさと退くニダー!」


俺達は各々バイクに跨り、ジョルジュを先頭に峠道を下っていった。
後ろからは、叫び声が木霊して聞こえてきた。


<#`∀´>「一言位謝ったらどうニダ! 謝罪と賠償を要求するニダ!」
  _
(#゚∀゚)「うるせェ!」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:39:04.92 ID:5i2cdT2X0
     *     *     *

(;'A`)「なんだったんだアイツは……」


ガードレールを蹴り飛ばして転倒を避けやがった……
俺の『ガードレール送り』で転ばなかった奴はアイツが始めてだ。

――面白くなったきた。


('∀`)「フ…フヒ…フヒヒヒヒ」


俺は思わずヘルメットの中で笑ってしまった。
くだらない『遊び』を、盛り上げてくれるなら……大歓迎だ。



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:42:12.06 ID:5i2cdT2X0
     *     *     *
  _
(#゚∀゚)「絶対に許せねェ! とっ捕まえてブッ殺してやるッ!」


俺の机に拳を叩きつけながらジョルジュは怒鳴る。
次の日の高校の休み時間、昨日の今日で3人が集まれば話題は決まっていた。

昨日俺が解散の判断をしたのは、3人の頭を冷やす為と、これからどうするか少し一人で考えたかったからだ。
しかしジョルジュは冷めるどころか逆に熱くなっていて、朝からずっと騒いでいた。


/ ゚、。 /「そうだジョルジュ、お前アイツのナンバー覚えてるか?」
  _
( ゚∀゚)「いや、あの野郎、ナンバープレートを着けてさえいなかったぞ」

/ ゚、。 /「そうか……」
  _
( ゚∀゚)「何かとっ捕まえるいい案ないのか?」

/ ゚、。 /「待ち伏せして網でも掛けるか?」
  _
( ゚∀゚)「なんだそれ。…まあでも使えそうかもな……」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:45:04.49 ID:5i2cdT2X0

そう言うと、ジョルジュはなにやら思いついたのか、神妙な面持ちで一人ブツブツ呟き始めた。
俺はそんなジョルジュを視界の端に収めながらクーの方を見る。
クーは何処か不機嫌そうな顔をして、黙って俺達のやりとりを聞いていた。

俺は視線をジョルジュに戻し、徐に話し始める。


/ ゚、。 /「でも俺はそんなんじゃなくて、あの野郎を同じ目に遭わせてやりたい。
      アイツがクーや内藤さんの仲間にやったことを、アイツ自身にも味合わせてやりたい」


俺がそう言うと、ジョルジュは目を丸くし、俺の顔を凝視する。
クーも驚いたようで、視線を俺に向けた。

熱くなっていたのは、ジョルジュだけでなく俺もであった。
どうやってアイツを捕まえるか、復讐するか、昨日考えていたのは結局そればかりだった。

  _
( ゚∀゚)「言うじゃねェか、ダイオード。同感だ」


ジョルジュはニヤリと笑い、俺の肩を叩く。

  _
( ゚∀゚)「そうだよな、自分のやった事の重大さをわからせてやらないとなァ!」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:48:04.68 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「ああ。
      相手は最新600cc、こっちは俺達とほぼ同い年の古めかしい2st250cc。
      だけど、向こうが本当に性能を発揮出来るのはサーキットだけだ」
  _
( ゚∀゚)「それに車重も30キロも軽いしな。曲がりくねった峠道じゃ、かなりの武器になる。
     それとコーナリングスピードの限界も恐らく俺達の方が上だ。
     昨日、アイツを追っかけたとき確信した」

/ ゚、。 /「やるとしたら下りだな。下りならパワー差を埋められる。
      2人で追いかけて、何とかしてコーナーでアイツをアウトに弾き出す。
      向こうも、そう簡単にコーナーでインに着かせないだろうから、色々作戦は……」


そう言いかけたとき、横でクーが長い溜息を吐いた。
そして俺達の顔を順に見詰め、遂に口を開いた。


川 ゚ -゚)「ダイオード、ジョルジュ、昨日も言っただろう?
     危ないことは止めてくれ。私の為だって言うんなら尚更だ」
  _
( ゚∀゚)「だけどよォ……」

川 ゚ -゚)「君達がライディングが上手くて速いのは充分わかっている。
     だけど向こうは、速く走る為じゃなくて人を傷つける為の技術を磨いている奴だ。
     君達にそんな技術は無いだろう?」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:50:06.62 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「だから問題なんだよ。
      一般人から見れば、峠を攻めること自体、危険行為だ。
      それでも俺達は最低限の安全を確保してやってるんだよ」


クーの目を見据え、俺は話続ける。


/ ゚、。 /「そこに、わざわざ危険を持ち込んでくるような奴を許してはおけない。
      何も、お前がやられたからって訳じゃないんだ」

川 ゚ -゚)「だとしても、警察にでも任せればいいだろう? 君達がやることじゃない」

/ ゚、。 /「ローリング行為に興じているような俺等は警察に顔向け出来ない。
      それに警察がすぐ動くとは思えない」

川 ゚ -゚)「良い訳だ、そんなの!」


クーが声を荒げる。


川 ゚ -゚)「餓鬼みたいなことは言わないでくれ」
  _
( ゚∀゚)「お前らしくないぞ、クー」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:53:04.65 ID:5i2cdT2X0

川 ゚ -゚)「何がだ?」
  _
( ゚∀゚)「デカイ声出してるところとか」

川 ゚ -゚)「それは私でも大きい声を出したくなるときぐらいある。
     珍しいと思うなら、それほど重大だと言うことだ」
  _
( ゚∀゚)「ふーん、そうか。
     だけどお前、自分がやられて過剰に臆病になってるだけじゃないのか?」

川 ゚ -゚)「そんなことは無い」
  _
( ゚∀゚)「そうかよ。まあアレだ、クー」


そう言いながら、ジョルジュはクーの頭にポンと手を置く。

  _
( ゚∀゚)「俺達が引き下がると思うか?」

川 ゚ -゚)「……思えない」


ジョルジュの手を振り払いながらクーは答える。


川 ゚ -゚)「だが頼む」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:56:06.39 ID:5i2cdT2X0

ふーん、とジョルジュは鼻を鳴らし、俺の方に向き直る。
「どうするか決めてくれ」
ジョルジュの目はそう言っていた。


/ ゚、。 /「なあクー、俺達も馬鹿じゃない」

川 ゚ -゚)「充分馬鹿だ、君達は」

/ ゚、。 /「そうかもしれない。
      だけど、俺かジョルジュが『危ない』と判断したらすぐに止める。
      無茶なことは絶対にしないと約束する。
      それでいいだろ?」

川 ゚ -゚)「…………」


クーは結局何も言わなかった。
ただ黙って、不機嫌そうな顔をするばかりだった。

  _
( ゚∀゚)「……決まりだな。じゃあ早速今日やるか!」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/09/11(火) 22:59:55.26 ID:5i2cdT2X0

/ ゚、。 /「駄目だ」
  _
( ゚∀゚)「何で?」


ジョルジュは怪訝な顔をこちらに向ける。


/ ゚、。 /「お前の足が治ってからだ」
  _
( ゚∀゚)「それならもう大丈夫だよ、大丈夫」

川 ゚ -゚)「…………」
  _
( ゚∀゚)「……わかったよ」


それから数日間、ジョルジュは毎日のように「もう大丈夫だ。今日やるぞ」と喧しく言ってきたが、
俺はジョルジュが普段の歩き方に戻るまで待たせた。
ジョルジュが大人しく言うことを聞いたのは、クーの無言の圧力のお陰だったのかもしれない。

そして数日後、ジョルジュの足も治り、遂にその日がやって来た。



[ 2008/03/03 20:48 ] 短編まとめ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boonroop.blog5.fc2.com/tb.php/15-48b8b0be








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。