ブーンミコ酢 ブーン系過去作まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(´・ω・`)は頼み事をするようです

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/10/28(日) 19:15:38.87 ID:mqs8VyyU0
 全てのものには神が宿る。
 そんな宗教が、かつての日本には存在した。
 現代、その信仰は廃れているが、その神達は残っていると考えてみると面白い。
 様々なものに神が宿り、そして、人たちを見守っているのだ。
 大切にした物はもしかしたら……

 貴方は、物を大切にしていますか?

スポンサーサイト
[ 2008/10/31 00:26 ] 短編まとめ | TB(-) | CM(0)

( ・∀・)はサッカーをするようです 目次

第一話

第二話

第三話

第四話

第五話(最終話)

あとがき

[ 2008/10/23 18:05 ] 中篇一覧 | TB(-) | CM(0)

( ・∀・)はサッカーをするようです 1

2 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 20:46:23.23 ID:OAYhecwJO

春―――
それは新たな出会いの季節―――そして新たな始まりの季節

( ・∀・)「ふう、座りっぱなしで疲れたなあ」

始業式がようやく終わった。
俺はマミムメ モララー、VIP高校の新入生だ。
学力も体力も普通。取り柄といえばこの話の主役なことぐらいだ。

( ゚∀゚)「おうモララー。お前部活どうするんだ?」

こいつは長岡 ジョルジュ。
運動神経が良くて中学からのダチだ。

[ 2008/10/23 18:04 ] 中篇まとめ | TB(-) | CM(0)

( ・∀・)はサッカーをするようです 2

36 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 21:19:33.24 ID:OAYhecwJO
第2話

<放課後・廊下>

女1「キャー長岡君よ―」

女2「あー本当だ―」

( ゚∀゚)「え、俺?何で大人気なの?」

女1「とぼけても駄目だよ~」

女3「シュート決めたんだって?凄いね~~」

女2「相手も強かったんでしょ?それに一年なのにレギュラーって凄いね―」

( ゚∀゚)(そういう事か)


37 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/13(木) 21:21:34.03 ID:OAYhecwJO

( ・∀・)「おいジョルジュ、練習行くぞ」

女1「何言ってんの?あんた誰?」

女2「マミムメ君には関係ないでしょ」

女3「長岡君は私達といたいんだよね―」

(  ∀ )(…今は我慢だ………いつか俺がモテる日のために……)

(  ∀ )「じゃ俺先に行くから」


[ 2008/10/23 18:04 ] 中篇まとめ | TB(-) | CM(0)

( ・∀・)はサッカーをするようです 3

4 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/17(月) 20:29:07.09 ID:ZoqVFNJuO

第3話

( >∀<)「ヘクシュン」

( ゚∀゚)「どうした?風邪引いたか?」

( ・∀・)「いいや、これはレディ―達が俺の噂をしているに違いない」

( ゚∀゚)「何話すんだよ」


5 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/17(月) 20:31:39.72 ID:ZoqVFNJuO

ξ ・∀・)ξ「サッカー部のマミムメ君カッコイイよね~」

川 ・∀・)「確かに彼はカッコイイな」

( ・∀・)「って感じかな」

( ゚∀゚)「演技ご苦労様、でもそれはないな。お前は得点してる訳でもないし」

( ・∀・)「ズバズバと人の気にしてる事言いやがって……」

( ゚∀゚)「いいから部活行こうぜ」



[ 2008/10/23 18:03 ] 中篇まとめ | TB(-) | CM(0)

( ・∀・)はサッカーをするようです 4

5 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/24(月) 21:08:48.30 ID:5PuJ8igvO
第4話


いつもと変わらないはずの日常、誰とも話さずただ部活をして帰る。そんな生活がいつまでも続くと思ってた。

('A`)「廃部……ですか……………」

いつか見た夢『ロボットを作りたい』
夢の為に一人作ったクラブ、それに全てを懸けて過ごした今までの高校生活。

(うA`)「………………」

込み上げる涙、蘇る思い出。仲間を集め校長に頼み込んで、やっと作った夢への翼。
一人、また一人去って行く中それでも諦めずに想い描き続けた夢の形。

先生「じゃあ今日中に片付けてくれよ」

思いを捨てた訳じゃない、夢を忘れた訳じゃない。だけど――翼を失ってはもう飛ぶ事はできない。


6 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/09/24(月) 21:11:07.19 ID:5PuJ8igvO

( A )「終わったん…………だな」

部屋から出て外を見る。グランドでは野球、サッカー、バスケ部などが活動している。

('A`)「あいつらはまだ先があるんだな………」

思い出されるのは遠い昔、仲間と公園でサッカーや野球をしてた頃。現実も知らずに無邪気に夢を見ていたあの頃。

('A`)「まだ……大丈夫かな………」


[ 2008/10/23 18:03 ] 中篇まとめ | TB(-) | CM(0)

( ・∀・)はサッカーをするようです 5

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 20:47:58.32 ID:l0k6zR+9O
第5話

( -∀-)「あああああ」

( ゚∀゚)「俺の家で扇風機にああってやんなよ」

( ・∀・)「はいはい」

プルルル

( ・∀・)「はい、もしもし」

(;゚∀゚)(人の家の電話に勝手に出るなよ………)

( ・∀・)「はい……………はい……わかりました」

ガチャ

( ゚∀゚)「誰?てか勝手に電話に出るなよ」


[ 2008/10/23 18:03 ] 中篇まとめ | TB(-) | CM(0)

( ・∀・)はサッカーをするようです あとがき

46 名前: ◆Y1MStkSD2. :2007/10/14(日) 22:08:16.63 ID:l0k6zR+9O
あとがき

唐突ですがこれで終わりです。
ぶっちゃけネタ切れです。でも楽しく書けてよかったな、と思ってます。
読んでくれた人ありがとう。
>>1先生の次回作にご期待ください!!!

[ 2008/10/23 18:02 ] 中篇まとめ | TB(-) | CM(0)

( ^ω^)ストーカー女にアームロックをかけたようです レス有り

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/21(火) 20:46:15.72 ID:KuCu1NsnO






ことの始まりは仲の良いヤリマンからの電話だった。

ξ ゚⊿゚)ξ「今なにしてんの?暇なら飲もうよ」

( ^ω^)「おk」

安請け合いしたのが間違いだった。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/21(火) 20:47:58.90 ID:KuCu1NsnO
待ち合わせ場所の駅で落ち合うとヤリマンが僕に聞く。

ξ ゚⊿゚)ξ「友達もいるんだけどいい?」

( ^ω^)「構わないお」

着いた先の居酒屋には大群が待ち受けるテーブルがあった。
なんだこれと聞くと、ビッチは某巨大SNSの集まりだと言う。

(;^ω^)(なん……だと……!?)

困惑する僕を強引な盛り上げ方で歓迎してくれるリア充達。無理矢理笑顔を作って挨拶した。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/21(火) 20:50:29.62 ID:KuCu1NsnO
登録してから一ヶ月もしないうちに閲覧者の履歴が残る足跡システムと
日記を読んだらコメントを残さなくてはならないという暗黙の了解に辟易してしまい、
そのまま半年か一年ぐらい放置していた僕にとってこの飲み会は居心地が悪かった。

しかし来てすぐ帰るわけにもいかない。僕を呼んだ彼女の立場がないからだ。
ヤリマンといえどもメンツはあるだろうからこれは仕方ない。

手近にいた話しやすそうな奴と漫画か何かを話題にして、
後はただひたすら酒を飲んでなんとかその日をやり過ごした。
[ 2008/10/23 17:13 ] 短編まとめ | TB(-) | CM(0)

【感想】('(゚∀゚∩ なおるよ!のようです【ネタバレ注意】

生存報告も兼ねて

携帯からだからリンクしてないのは許して下さい。
[ 2008/10/20 00:49 ] ブーン系感想 | TB(-) | CM(0)

( ´∀`)三人のある日の風景のようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/29(水) 20:55:06.72 ID:K9hxe0va0
(* ´∀`)「ふんふんふーん」

学校の教室。
帰りの挨拶を終え、当番班による掃除の時間。
そんな中、陽気に鼻歌交じりで掃除を行う少年がいた。

(* ´∀`)(明日はとうとう土曜日!)

土曜日に一体何が行われるというのだろう。
そんな浮かれている少年の背後から、忍び寄る影が一つあった。

「ていや!」

(;´∀`)「オウフ!?」

突然、”それ”は少年の後頭部をチョップした。
彼は叩かれた勢いで、持っていた箒にまで額をぶつける。
運が無い。

(#´∀`)(この声……それにこんな事するのは)

彼は額を手で押さえながら、しかめっ面で後ろを振り向いた。
[ 2008/10/07 21:50 ] 短編まとめ | TB(-) | CM(0)

10月の予定

・まとめる作品
引き続き黒猫作品をまとめる他、久々に2chLにも足を運んでみようと思ってます。

・更新停止
今月末にテストがあるので、更新停止します。 多分二週間くらいだと思います。 決まったらまた報告します。
[ 2008/10/05 23:18 ] 予定 | TB(-) | CM(0)

(*゚ー゚)(,,゚Д゚)なかよしねこは夢を見るようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/06(土) 22:10:27.58 ID:kcFSIWJMO
目の前に広がる海からの風でくさがなびいているはらで


(*゚ー゚)
(,,゚Д゚)


二匹のねこがはしゃいでいました

この二匹のねこはいつもいっしょでした

冷たいあめがふっているときも

暖かいおひさまの下でおひるねするときも

いつもお互いの隣にはもう一匹のねこがいました
[ 2008/10/03 20:24 ] 短編まとめ | TB(-) | CM(0)

('、`*川 外れない予言のようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/26(火) 18:59:53.00 ID:IZG7I8Z80
その女は占い好きだった。
結果は大して気にしていなかった。
占ってもらうこと、それ事態に快感をおぼえていた。

その日も女は占い屋巡りをしていた。
手相や人相、生年月日などで占ってもらったが、結果はみなバラバラだった。
そんなことはいつものことだったので、女にはどうでもいいことだった。

ある程度占ってもらい、帰ろうとしたとき、女は路上でやっている占い屋を見つけた。
若い占い師の店だったが、そこはなぜか女の心を惹きつけた。
最後にあそこで占ってもらおうか、そう思って女はその占い屋のもとへと行った。
[ 2008/10/02 00:32 ] 短編まとめ | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。